現代の子どもたちは、必ず通る道といっても過言ではないアニメ アンパンマン

愛と勇気だけが友達だ♪ あっあっアンパンマンやさしい君は、いけみんなの夢守るため♪

のテーマ曲で有名な日本人なら誰もが知っている日本を代表するアニメですよね?!

日本の子どもたちに非常に悲しいニュースがあります。皆さん、すでにご存じだとは思いますが、アンパンマンの作者「やなせ たかし」さんが、この世を旅立たれました。



アンパンマンは、顔がぬれたり、顔が攻撃を受けたりすると力が出なくなるような弱点を持っているスーパーヒーローなんですが、パン工場のジャムおじさんがアンパンマンの新しい顔を焼いてあげて、アンパンマンに届けてあげることで、アンパンマンは、元気百倍になります。

アニメの中では、アンパンマンがピンチの時に助けてくれるのは、ジャムおじさんですが、アニメ自体のアンパンマンを助けてくれていたのは、作者である「やなせ たかし」さんにちがいありません。

そういう意味では、「やなせ たかし」さんが、本当のジャムおじさん(元祖 ジャムおじさん)でした。アンパンマンにとって、元祖ジャムおじさんがこの世を旅立たれた事は、過去最大のピンチにちがいありません。


アンパンマンは、このピンチをどう切り抜けるのか?

日本を代表する子どもたちが大好きなアニメ 「アンパンマン」はこれでは終わらないと本当に切望しています。

2代目 ジャムおじさんはきっと現れるはずですが、元祖ジャムおじさんのアンパンマンの新しい顔(新しい作品)を見れないことは、非常に悲しいことです。

2代目 ジャムおじさんになっても、元祖 ジャムおじさん「やなせ たかし」の作風が決して変わることがないように本当に祈っています。

そして、アンパンマンが日本の平和いや地球の平和を守り続けてくれることを本当に願っています。

今回は、アンパンマンの作者死去の記事でした。