毎年2月14日は、バレンタインデーです。

普段は、女の子から男の子に対して、好きだと告げる事は難しいものです。

しかし、この日は、恥ずかしがりながら(堂々と)女の子から好きな男の子に(手作り)チョコレートなどを挙げることで、好きな気持ちを伝える事が出来る素敵な日です。

すごいことに現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日(バレンタインデー)に消費されると言われるほどの国民的行事となっています。

(中学や高校)生は、2月14日は、男の子も女の子もそわそわしていますよね?!

私が(中学や高校)生の時もその日は、もらえそうな感じがしていなくてもドキドキそわそわしていましたよ(笑)

特に、国生さゆりwithおニャン子クラブバレンタイン・キッス♪の中で秋元康さんは、「バレンタインデーの女の子のウキウキワクワクした気持ち」・「一年に一度のチャンスだから大事にしなきゃね」とか「手作りのチョコレートが好きな男の子に食べられることを好きな男の子とキッスをすること」に見立てて歌詞を書いているように思えます。

奥手な女の子にとっては、それぐらいの一大イベントだったのでしょうね?!

好きな男の子にチョコを手渡しする勇気があれば、十分行動的な気もしますが、、、。

ところで、日本ではいつ頃から2月14日(バレンタインデー)に女の子が好きな男の子にチョコレートを挙げるような習慣になったのでしょうか?

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史は、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行ったことが始まりです。

当時は、ほとんど売れなかったようです。

知っている方は知っていると思いますが、バレンタインデーのチョコは、お菓子屋さんの作戦だったんですね?!

バレンタインデーの当初は女性が男性にチョコレートを贈ると同時に愛の告白をする日とされていたが、現在では既に交際中の恋人や、結婚している夫妻の間でも行われるようになり、上司や同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣や女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」という習慣も生まれています。

自分にチョコレートを贈る「自チョコ」と言うのもあるとテレビで前に見ました(汗)

バレンタインデーの由来とは?!

Q)バレンタインって、何のことでしょうか?



A)バレンタイン・デーは、英語では「Saint Valentine’s Day」、訳せば「聖バレンタインの日」という意味です。つまり、バレンタインというのは、人の名前なのです。どんな人だったかというと・・・。

西暦3世紀のローマでのことです。皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は、若者たちがなかなか戦争に出たがらないので、手を焼いていました。その理由は彼らが自分の家族や愛する者たちを去りたくないからだと確信するようになったクラウディウスは、ついに結婚を禁止してしまったのです。

ところが、インテラムナ(イタリア中部にある町で、現在のテルニ)のキリスト教司祭であるバレンティヌス、英語読みではバレンタインは、かわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。それが皇帝の知るところとなったから大変です。しかも、当時のローマでは、キリスト教が迫害されていました。

皇帝は、バレンティヌスに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしましたが、バレンティヌスはそれを拒否しました。そこで、投獄され、ついには西暦269年2月14日に、処刑されてしまったということです。(270年という説もあります)。

 

Q)バレンタインデーはどのように始まったの?



A)ローマではルペルクスという豊穣(ほうじょう)の神のためにルペルカーリアという祭が何百年ものあいだ行われていました。

毎年2月14日の夕方になると、若い未婚女性たちの名前が書かれた紙が入れ物に入れられ、祭が始まる翌15日には男性たちがその紙を引いて、あたった娘と祭の間、時には1年間も付き合いをするというものです。翌年になると、また同じようにくじ引きをします。

496年になって、若者たちの風紀の乱れを憂えた当時の教皇ゲラシウス一世は、ルペルカーリア祭を禁じました。代わりに、違った方法のくじ引きを始めたのです。それは、女性の代わりに聖人の名前を引かせ、1年間のあいだその聖人の人生にならった生き方をするように励ますものです。

そして、200年ほど前のちょうどこのお祭りの頃に殉教していた聖バレンティヌスを、新しい行事の守護聖人としたのです。

次第に、この日に恋人たちが贈り物やカードを交換するようになっていきました

これが、バレンタインデーの由来です。こんなに古い時代の実在の人物の亡くなった日から来ているとは少しびっくりです。

今の現代、男性よりも活発な女性が増えてきましたので、バレンタインデー以外にも愛を告げる女性が増えたと思いますが、奥手な恥ずかしがり屋な女の子の為にバレンタインデーというイベントは大事にしてほしいものです。

今年は、誰にどんなチョコレートをあげるか決まってますか??