食パンを朝こんがり焼いて、バターを薄く塗って、牛乳とサラダと一緒に食べたら最高ですよね?我が家では、朝はもっぱら食パンを食べています。

そこで今日は、家で簡単に(米・小麦)食パンが作れるパナソニック「GOPAN」を使って米&小麦食パンを作って食べて見た感想・意見などをレビューします。

まずは、白米を使って作った食パンについての感想です。

白米を使って作った食パンは、そもそも米自体がモチモチしているため、食パンもモチモチしていて、小麦粉を使って作った食パンよりも同じ分量食べても、とても腹持ちが良く、お腹いっぱいになりました。


見た目は、普通の食パンとさほど変わらないものが出来ました。

味は、当然、小麦を使って作ったものとは、主成分が違うため、米特有の風味が満載でした。

一言で表すなら、「もち米でないお餅のような感じ」でとても新鮮でしたね。

また、なんとうれしいことに、米粉の食パンのみみの部分は、なんとご飯のおこげのような風味がしてそれがまたGOODでした。



食パン 素材

次に、小麦を使って作った食パンですが、何といっても香ばしいにおいがたまりません。

まるで、ホームベーカリーとは、書いて字のごとく「家がプチパン屋さん」みたいにパンの焼ける香りでいっぱいになります。

あの香りで部屋中が満たされる感覚は、実際に家でパンを焼いてみないと味わえない感覚でした。

なんと言ってもその味は、とても風味が満載で、店で売っている食パンの風味よりも何倍も増しで味わいのあるものでした。

ただ、焼き方にもよるとは思いますが、生地の密度が高く、歯ごたえがあるため、少し固いような感覚もありました。

あと、今回作ったパンは、ノーマルな食パン(米粉・小麦)でしたが、この他にバリエーションとしてレーズンを入れたり、クルミを入れたり、米を玄米にするなどこれ一台でいくつものパンが作れるみたいです。

ただ、グルテンや調味料など自分で用意することも出来ますが、うまくパンが膨らまなかったり、失敗することも多いみたいなので、GOPAN専用のグルテンと副材料セットを使用し、パンを作製することを強くおすすめします。

もし、GOPANに興味を持たれた方がおられたら、持っておられる方から味見させてもらってください。

その後、気に入ったらぜひGOPANをご購入を (笑)!!


そして、ぜひ私にあなたの体験レビューを教えてください。

今日は、家で簡単に(米・小麦)食パンが作れるパナソニック「GOPAN」についての体験レビューでした。