端午の節句の意味について

端午の節句の意味は、男の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての行事が、庶民の間にも定着して行ったお祝いの意味合いがあります。

ですから単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく男の赤ちゃんのたくましい成長を願う行事です。



そのため、

鎧兜

鎧兜 素材

 

 

 

 

 

 



 

五月人形

五月人形 素材

 

 

 

 

 

 



 

鯉のぼり

鯉のぼり 素材

 

 

 

 

 

 

は、男の赤ちゃんに降りかかろうとする災厄や魔物を除けてくれる魔除けであり、災厄除けの守り神のようなものです。

 

女の子であれば、「ひな祭り」における「ひな人形」のようなものですね。

 

気持ちの問題と言う見方もありますが、省略せずにきちんとお祝いしてあげたいものです。それに草萌える季節、清々しく空晴れ渡る子供の日のお祝いというのは、子供達にとって、とっても楽しいものですよね。初節句だけでなく、毎年お祝いしてあげてほしいものです。

 

端午の節句の由来について


日本において、端午の節句は、おおもとは平安時代から始まったようです。
端午の節句の起原は、古代中国に遡ります。古来より中国では、物忌みの月(5月)には厄払いの行事が盛んに行われていました。端午の「端」は文字通り「はじ/最初」の意味で、「午」は「うま」つまり端午とは、五月の最初の午の日に行われると言う意味です。最初は必ずしも五月五日ではなかったようですが、午と五のゴロが同じことからこの行事は、やがて5が重なる重五の日、つまり5月5日に大切な厄払いの日として定着したようです。

その後、日本でも奈良・平安時代には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が取り入れられ、当時五節句は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事として、よもぎ・菖蒲などの薬草を摘みに野に出て、その薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に午から弓矢を射たりしたそうです。(流鏑馬の原型ですね)その中の一つ「端午(たんご)の節句」が後に「子供の日」となります。

 

飾り(菖蒲)の意味

菖蒲(しょうぶ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

①菖蒲(しょうぶ)を飾るのは、その香りの強さから邪気を払い疫病を遠ざけることができる、ということから。

②<「菖蒲」(しょうぶ)が、「尚武」(しょうぶ)(意:武をたっとぶこと)につながる>という縁起担ぎから男子中心の行事へと発展していったといわれています。

 

兜の意味

戦場で身を守ってくれる甲冑(鎧や兜)は、武家にとって、特に男子にとって、とても大事なものでした。
端午の節句では、鎧兜は子どもに災いがふりかからず、無事に逞しく成長するようにとの願いを込めて飾られています。

 

鯉のぼりの意味

わが家に男児が誕生したと天の神に告げ、「この子を守ってやって下さい」と守護を願って目印にしたものが鯉のぼりです。

「鯉が竜門の滝を登ると竜となって天をかける」という中国の故事があります。 「登竜門」という「男児の成長と出世を願う」言葉になりました。

もともと鯉は、清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚です。
この中国の伝説から、鯉のぼりは環境の良し悪しにかかわらず、立派に成長し、立身出世するように願って飾られるようになったとも言われています。


 

料理(食べ物)の由来について

粽(ちまき)

粽 素材

 

 

 

 

粽(ちまき)は、「悪鬼」にかたどられ、ねじ切って食べるのが鬼を降伏させることにつながるからだと言われています。

 

柏餅(かしわもち)

柏餅 素材

 

 

 

 

柏の木というのは、次の新しい芽が出ない限りは、古い葉が落ちずにつき続けているのだそうです。それが「家の系統が絶えない」という縁起担ぎとなって、柏の葉で包んだお餅を食べるようになったそうです。