今回は、携帯型ゲーム機であるゲームボーイ(任天堂)についてご紹介させて頂きたいと思います。

ゲームボーイ(GAMEBOY)は、1989年4月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機です。

ゲームボーイの日本国内での発売当時のメーカー希望小売価格は12,500円でした。



現行の携帯型ゲーム機の発売当時のメーカー希望小売価格は、2万から4万円程度であることから見ると当時の相場は正直わかりませんが、今より1万~2万数千円程度も安かったんだなってリアルに感じます。

基本仕様は、

CPU(4MHz),RAM(8kバイト),VRAM(8kバイト),ROM(256kビット~64Mビット),画面(4階調モノクロ、160×144ドット),電源(単3形乾電池4本/専用充電式アダプタ(初代機のみ対応)/専用バッテリーケース(単二電池4本使用で約40時間使用可・初代機のみ対応)),通信ポート(シリアル通信ポート搭載(別売りの通信ケーブルにより対戦プレイが可能))

でした。

当時の技術からすれば、CPUやRAMなどの処理能力は、現行携帯型ゲーム機の数千分の1の能力以下しかないのは当然でした。

しかも、なんといっても、画面は、白黒(モノクロ)でした。

よくあんな見えにくい画面で何時間もプレイしたなと今になってみると自分でも感心します。

また、電源は、単三電池を使用していましたので、物凄い本数の電池を消耗していました。

これも、今の携帯型ゲーム機を考えると、充電池が内蔵されていることが当たり前ですので、よくも単三電池を買いに行っていたなという感じです。

また、通信対戦も通信ケーブルという有線の別売り専用ケーブルを購入して初めてリアルな友達とゲームボーイをつなぐことでのみ通信対戦が出来ました。

これも、今は、顔も本名もしらない人と家にいながらインターネット対戦が出来る現代とは、ほど遠いものでした。

しかし、こう見返してみても、携帯型ゲーム機もそういうものしかないって本当にすごいですね。

今考えてみると、ゲームをするのにもいろんな苦労がありました。

しかし、そういう今の技術では、考えられないくらい低いスペックのゲーム機でしたが、今もまだ、名作として引き続き根強いファンのいるゲームタイトルも生み出しました。


例えば、RPGの「聖剣伝説シリーズ」やRPGの「SAGAシリーズ」やRPGの「ポケモンシリーズ」です。

当時、ゲームボーイの白黒の画面にかじりつくようにプレイしたことを覚えています。

聖剣伝説シリーズやSAGAシリーズやポケモンシリーズなどは、今の現行機にもその後継タイトルが受け継がれ、根強いファンがいます。

そのモデル(タイトル)を作ったのは、まぎれもないゲームボーイ「任天堂」という携帯型ゲーム機でした。

そんな名作を生み出した過去のハードたちにただただ感謝感謝です。

今回は、ゲームボーイ「任天堂」~携帯型ゲーム機~の紹介でした。