スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



特に私が面白かったと思う名作ソフトをピックアップします。

①スーパーマリオカート

スーパーマリオカート 素材

マリオ、ルイージなどをはじめとするスーパーマリオ作品の主要キャラクターが一堂に会するところにスーパーマリオ作品のファンは、異常ににテンションが上がったものです。スーパーマリオカートが、マリオ作品で初めてのカーレースゲームだったことで、友人などで集まって何度も何度も対戦したものです。ゲーム中の技でスタートダッシュとカーブでのドリフトを活用し、1位になることをひたすら目標にしていたものです。レースで順位を競うだけでなく、風船割り(アイテムなどで相手の風船を全部割ったら勝利)は、何度も何度も対戦し、友人などと夜遅くまで盛り上がったものです。スーパーマリオカートは、今でこそ、ビジュアル面は、かなりレトロなものとなりましたが、その当時としては、物凄く綺麗でスピード感があり、プレイしていて爽快なものでした。

ちなみに後継機であるNINTENDO64やWii、携帯ゲーム機では、ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS、ニンテンドー3DSのそれぞれのハードで対応ソフトが発売されており、このゲーム業界の不況の中、安定的にミリオンセラーを連発するまでに認知されています。その初作品がこのスーパーマリオカート(スーファミ版)です。

現在は、任天堂のバーチャルコンソール(過去の名作ソフトのダウンロード販売)で購入し、プレイすることが出来ます。ぜひ、プレイしてみてはいかがでしょうか?

②スーパーマリオワールド

スーパーマリオワールド 素材

スーパーマリオワールドは、言わばマリオ作品の王道中の王道です。スーパーマリオブラザーズ(ファミコン版マリオ作品)と同じおなじみの横スクロールのアクションゲームです。飛んだり跳ねたり音楽もビジュアルも楽しげでなんかプレイしていてワクワクしたものです。当然任天堂のキラータイトルなのでソフト作りに力が入っていますし、王道中の王道なので名作なのはあたりまえと言えば当たり前なんですが、この作品の何がすごいかと言えば、スーパーファミコンと同時発売のソフトですが、最初の作品にして、スーパーファミコンのスペック(表現能力)をフルに使い切っている作品でした。その後、いろいろなソフトが発売になっているのですが、このスーパーマリオワールドのスーパーファミコンのスペックをフルに使った表現力を超えるような作品は数少なかったと記憶しています。

ちなみに、このスーパーマリオワールド作品の後継作もそれぞれの任天堂ハードで対応ソフトが発売されています。当然、ミリオンセラーなことは、言うまでもありません。

この作品も任天堂のバーチャルコンソール(過去の名作ソフトのダウンロード販売)で購入し、プレイすることが出来ます。ぜひ、この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか?

今回は、スーパーファミコンの過去の名作についての記事でした。

 

http://www.nintendo.co.jp/wiiu/software/vc/index.html