スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



特に私が面白かったと思う名作ソフトをピックアップします。

エニックスは、ドラゴンクエストをはじめとするRPG(ロールプレイング)ゲームで有名なゲーム会社です。

ドラゴンクエストは、名作であることは、間違いないのですが、別の記事で書かせていただきましたので、今回は、スーパーファミコンの別の名作ソフトについて書かせていただきます。

①アクトレイザー1・2

 

アクトレイザー 素材

 

 

 

 

 

 

 

このゲームタイトルは、RPG(ロールプレイング)ゲームの開発販売が得意なエニックスですが、このアクトレイザーは、アクションシミュレーションと言うある種珍しいジャンルのゲームタイトルです。

基本的には、シミュレーションで、マップ上に街を作り、水田や畑や家などを作っていき、人口を増やしていくことがメインのゲーム内容です。当然、街が発展してくれば、原始的な農業からもっと発展した農業などに変わっていくと言う内容です。

その街を形成していく中で、モンスターが街の人を連れて行ったり、街を壊したりしていきます。

最終的には、街の近くにあるモンスターの巣を駆逐するとミッションクリアーです。

モンスターの巣を駆逐する場面では、横スクロールのアクションゲームで展開されており、ステージを進んでいき、ステージのボスを倒すことで、シミュレーションにおけるモンスターの巣を駆逐できるといった内容です。

このゲームのプレイ感覚は、いろいろ考えないといけないけど、シュールな内容ではないし、アクションも割とさくっとクリアできます。

とても、爽快にプレイできる名作です。

この作品に興味がわいた方は、ぜひプレイしてみることをおすすめします。