スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



特に私が面白かったと思う名作ソフトをピックアップします。

スポーツクラブやスポーツ機器の製造・販売をしているコナミと言う超メジャーな企業もゲーム部門があり、スーパーファミコンでゲームソフトを開発・発売しています。

特に、コナミは、スポーツ関連のゲームと動きのあるアクションゲームに強いゲームメーカーのようです。

①がんばれゴエモンシリーズ

ゴエモン 素材

 

 

 

 

 

任天堂と言えば、「マリオ」

カプコンと言えば、「ロックマン」

ハドソンと言えば、「ボンバーマン」

コナミと言えば、「がんばれゴエモン」です。

 

ゲームのステージ作りが、本当に面白く、非常にコミカルで、最初から最後まで楽しくプレイできます。

一つのステージごとに異なるコンセプトがあり、例えば、「揚げ物をしている調理場・料理などのステージ」・「昔流行った日本のアニメの巨人の星のコンセプトのステージ」など、がんばれゴエモンをプレイすることで、他のキャラクターのファンなども楽しめるゲームソフトです。単純にアクションだけではなく、ほんとにエンターテイメント性が高く、いろんな要素が詰め込まれた非常に中身の濃いタイトルです。

任天堂バーチャルコンソールで配信発売されていますので、興味を持たれた方は、プレイしてみるのもいいかもです。

 

②実況パワフルプロ野球シリーズ

パワプロ 素材

 

 

 

 

 

 

 

 

コナミと言えば、「がんばれゴエモン」と並ぶ、

コナミと言えば、「パワプロ君」です。

さすが、コナミは、スポーツ系の企業だということもあって、「パワプロ君」は面白いです。このタイトルは、野球ゲームであるという一面と選手育成ゲームであるという側面を持ちます。

このタイトルがのちのキャラクター育成ゲームの石末になったと言っても過言ではありません。

このシリーズが名作である証拠として、スーパーファミコン以外の他のハード(ゲームボーイ(アドバンス)、ニンテンドーDSなどの携帯用ゲーム機やニンテンドー64・PS・PS2などの家庭用ゲーム機)でも、続編が物凄くたくさんしかも毎年のように開発発売されました。

このソフトに興味がわいた方は、ぜひプレイしてみるべきだと思います。

 

③魂斗羅スピリッツ

魂斗羅スピリッツ 素材

 

 

 

 

 

コナミでもう一本忘れてはならない名作があります。

それは、「魂斗羅スピリッツ」です。

横スクロール系のアクションシューティングなんですが、スーパーファミコン時代に一時代を築いた名作と言えます。

難易度もオープニング画面で選ぶことが出来るのですが、難しいとも言える簡単とも言えるタイトルでした。

それは、なぜかと言うと、このゲームは、銃を撃って敵を倒していくのですが、ある程度めちゃくちゃに打っても、ステージが進んでいくからです。

穴に落ちてすぐコンティニューなんてこともざらですが、意外と重々しくなく、さらっと、やり直しみたいなゲーム感覚です。

当時は、私もはまって、ストレス解消に一役かっていましたとも、、、(笑)。

 

このソフトも任天堂バーチャルコンソールで配信発売されていますので、気になった方は、プレイしてみた方がいいと思えます。