スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



特に私が面白かったと思う名作ソフトをピックアップします。

 

ファイナルファンタジーで有名なスクウェア(SQUARE)には、ファイナルファンタジー以外にも当然名作が数多く存在します。

ファイナルファンタジーは、別の記事で書かせていただきましたので、今回は、ファイナルファンタジー以外のおすすめゲームタイトルについて書かせていただきます。

ご存知のとおり、スクウェアは、RPG(ロールプレイング)ゲームタイトルの開発で物凄く実績のあるゲーム会社です。

その中でもおすすめの名作を書いていきます。

 

①「ロマンシング・サガ」シリーズ

ロマンシング・サガ 素材

 

 

 

 

 

 

ゲームボーイ時代に「SAGA」シリーズとして、数々のスタンダードを作ってきたゲームタイトルの続編です。数々のスタンダードとは、ファイナルファンタジーシリーズに出てくる武器の名前や魔法の名前や道具の名前などを広く認知させた作品です。

このスーパーファミコン時代の「ロマンシング・サガ」シリーズでも、このゲームタイトルが確立したゲームシステムがあります。

それは、フリーシナリオシステムです。

フリーシナリオシステムとは、マップ上に数多くのイベントがちりばめているのですが、そのどれを選択してシナリオを進めるのかまた主人公を全滅させて次の世代の主人公に引き継いでシナリオを進めるかなど、本当に自由度の高い作品になっています。

また、このスーパーファミコン時代の「ロマンシング・サガ」は、敵がマップ上に見えていて、エンカウント(敵と戦闘すること)をすることもエンカウントしないこともプレイヤーが選ぶことが出来ました。当然、モンスターの属性によって、移動するのが物凄く早いモンスターなどは、エンカウントしないことを避けられない場面も必ず出てきますが、、、。

ただ、今までのRPG(ロールプレイング)ゲームでは、敵が、マップ上に現れていなかったため、エンカウントすることは、自分で選べませんでしたが、エンカウントしないことを選べるがゆえに、敵から周りを囲まれるようなピンチも訪れ、違った意味でハラハラドキドキするRPGゲームであったことは、間違いありません。

当然、人気シリーズであったため、PS(プレイステーション)などにも続編が発売されていますよ。

気になった方がおられたら、2DのRPGの神髄を味わってみるべきだと思います。

 

②「聖剣伝説」シリーズ

聖剣伝説 素材

 

 

 

 

この聖剣伝説もゲームボーイ時代に新ジャンルを確立したアクションRPG(ロールプレイング)ゲームです。

この作品もスクウェア作品で最も有名なファイナルファンタジーシリーズで出てくる聖剣「エクスカリバー」や聖剣「ラグナロク」などスクウェアファンなら、うれしい要素満載です。

アクションRPGですが、ゲームボーイ時代のモノクロの画面に素晴らしいゲームシステムと抜群のゲームバランスでプレイしている人を魅了してやまない名作中の名作と言えます。

スーパーファミコンは、2Dと言うことでそのゲームボーイのゲーム性をそのまま継承し、なおかつ画像のクオリティやモノクロからカラーへ変更し、ゲームボーイの小さな画面からリビングのテレビでプレイできるという画期的なタイトルに当時の男性陣は、ウキウキしていました。

当然、これもPS(プレイステーション)などの次世代機でも続編が発売されましたし、この原作をプレイしようと思ったら、任天堂のバーチャルコンソールで配信発売されていますので、等身大の聖剣伝説をプレイしてみたい人は、ぜひ要チェックです。

 

③クロノトリガー

クロノトリガー 素材

 

 

 

この作品は、画期的なゲームシステムが話題を呼びました。ラスボス(最後の敵)を倒した後に、そのステイタス(強さの状態)のまま、ゲームタイトルの最初からプレイすることができることを実現しました。

クロノトリガーは、スクウェアファンのみならず、スーパーファミコン時代の名作ソフトランキングでも10本の中に入るほどの名作で、このソフトに関しては、スマホ(android・iOS)のアプリでも配信発売されていますし、当然、任天堂のバーチャルコンソールでも配信販売されています。

この機会に、現在のゲームのルーツと言っても過言ではないこの「クロノトリガー」をプレイしてみることを強くお勧めします。