スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



任天堂のおすすめゲームソフト(タイトル)の第3回目です。

前に紹介させていただいたソフト以外のタイトルについて紹介させていただきます。

 

①スーパーマリオコレクション

スーパーマリオコレクション

 

 

 

 

 

ファミコン・ディスクシステム時代のマリオブラザーズの名作であるスーパーマリオブラザーズ1・2・3+USAの4本のゲームタイトルがひとまとめになった非常にお得なソフトです。

スーパーマリオブラザーズ1は、特になじみのあるソフトかもしれませんが、このスーパーマリオコレクションの中でも、ファミコン時代の後期に発売されたスーパーマリオブラザーズ3がおすすめですし、一押しです。

このスーパーマリオブラザーズ3からマップ上をキャラクター(マリオ)を移動して進んでステージを選択する形式に変更になりました。

つまり、このスーパーマリオブラザーズ3が、スーパーファミコン時代以降のマリオ作品の石末にもなったきっかけの作品です。

この作品は、人気が高かったこともあり、次世代ゲーム機(Wii)でも移植タイトルとして、発売されるまでに至りました。

スーパーファミコンの実機でプレイするのは、いろいろとハードルが高いですが、次世代機であるWiiやWii Uでプレイすることは、出来るのではないでしょうか?

レトロゲームをふんだんに楽しむには、1本に凝縮されていて、内容の濃いお得な一本だと言えます。

ぜひ、この機会にプレイされることをおすすめしますよ。

 

②星のカービィ スーパーデラックス

星のカービィ 素材

 

 

 

 

 

 

ゲームボーイ時代に発売された星のカービィのスーパーファミコン新作タイトルです。

まず何よりカービィのキャラクターがかわいいです。ピンクで丸っこくてポヨポヨしています。空を飛んでいる姿とかとても癒されますよ。

任天堂と言えば、「マリオ」がおなじみですが、言わずと知れた「星のカービィ」も任天堂を代表するキャラクターの筆頭格です。

カービィがステージを進んでいくときに、敵を吸い込んで飲み込んで先に進みます。

また、カービィが吸い込んで飲み込む敵キャラに特殊能力の属性がある場合は、飲み込んだ敵キャラと同じ能力が、カービィに備わり、ステージを進んでいくのを有利にしてくれます。またボスキャラを短時間で倒すのにもこの属性が大きな役目を果たします。

その敵キャラを飲み込んで得ることが出来る属性もかなりの数用意されていて、おもしろい攻撃が出来るようになるものも多いですよ。

また、単純にボスキャラを倒すためにステージを進んでいくだけでなく、タイムアタックで、そのステージをどれだけ短時間でクリアできるのかを競うような追加要素も満載です。他にも追加要素は、いくつかありますよ。

この星のカービィシリーズも任天堂の他のハードや次世代機(Wiiや3DS)でも新作が発売されるほど、超人気ソフトです。

任天堂バーチャルコンソールでも配信発売されていますし、星のカービィの新作ソフトもあるので、そちらをプレイするのもおすすめだと思います。