スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



任天堂のおすすめゲームソフト(タイトル)の第4回目です。

前に紹介させていただいたソフト以外のタイトルについて紹介させていただきます。

 

①カービィボウル

カービィボウル 画像

 

 

 

 

 

星のカービィシリーズのスピンオフ作品です。カービィをピンボールのボールに見立てて、ゴールの穴を目指してカービィを弾いてステージを進めます。カービィの下の方を弾くとバックスピンがかかったり、上を弾くとスピンがかかって遠くまで飛んだりと、細かく調整された作品です。

また、星のカービィシリーズ同様に敵の属性をカービィが吸収できるようになっていますので、敵の属性を利用したミラクルショットをすることも可能ですよ。例えば、ストーンの属性を利用して、ゴールの上でピタッと止まり、打数を減らすなんてことも出来たりします。

また、カービィがゴルフをするのではなく、カービィ自体をゴルフボールに見立てて、ゲームが進んでいくことが、このゲームタイトルの味噌ではないでしょうか?

さくっとプレイできるという意味でもこの作品はおすすめ名作ソフトの一つと言えます。

任天堂バーチャルコンソールで、配信発売されていますので、WiiやWii Uでプレイしてみるのもいいのかもしれません。

 

② F-ZERO

F-ZERO 素材

 

 

 

 

この作品は、近未来のカーレースを題材にしている作品です。スーパーファミコンの発売と同時に発売されたゲームタイトルで任天堂の意気込みが込められた名作です。

当然、熱狂的なファンも多く、ニンテンドー64やゲームボーイアドバンスなどのスーパーファミコン以降の次世代機においても続編が発売されており、任天堂としても、無視できない作品と言えます。

ゲームの操作感は、2Dゲームなのに3Dっぽく描写されており、少し目の錯覚が起こるのですが、入り込むと、そのスピード感に爽快な感覚すら覚えます。

マリオカートに続く任天堂カーレースゲームの筆頭格なおすすめ名作ソフトです。

この作品も任天堂バーチャルコンソールで配信発売されていますので、WiiやWii Uの家庭用ゲーム機で購入ダウンロードしてプレイされてみてはいかがでしょうか?