スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



任天堂のおすすめゲームソフト(タイトル)の第5回目です。

前に紹介させていただいたソフト以外のタイトルについて紹介させていただきます。

 

①シムシティ

シムシティ 素材

 

 

 

 

 

このタイトルは、任天堂では、本当に珍しいほど稀なシミュレーションゲームです。

内容は、プレイヤーが市長になって、街のインフラ(ガス・電気・水道・食料・空港)などを整備していき、街の人口を増やすと言うゲーム内容でした。

私は、このゲームをして街のインフラを整えていくことの楽しさ、また、市長(市のトップ)になって、市を思うがままに作っていけることに、楽しさを覚えました。

今でも自分の住んでいる街に新しい道路が出来ることや新しい商業施設が出来ることに楽しみを覚えていますが、それも子どもの頃にプレイしたこの「シムシティ」と言うゲームソフトのおかげでもあります。

今でこそあまり新しく発売されないタイトルですので、温故知新と言うことで、プレイして見られるのもいいのかもしれません。

この任天堂のおすすめ名作ソフトも任天堂バーチャルコンソールで配信発売されていますので、気になったらWiiやWii Uでプレイしてみてください。

 

②スターフォックス

スターフォックス 素材

 

 

 

 

 

このソフトは、キツネ(フォックス)など、動物を擬人化したキャラクターが宇宙船に乗り、協力して、宇宙の敵を倒していくというゲーム内容です。

任天堂と言えば、「マリオ」、「星のカービィ」と来て、「フォックス」と言うぐらいキャラクター要素の強いゲームタイトルになります。

当然、ニンテンドー64などのスーパーファミコン以降の次世代機でも続編が発売されており、人気タイトルだと言えます。

また、任天堂には珍しいシューティングゲームですよ。

宇宙船機内での仲間とのやり取りは、まるで本当に宇宙船を操縦して、敵に遭遇したかのような疑似体験が出来ます。

実際に敵と戦いながら、宇宙を進んでいくなんてところまで、地球人の文明はまだ進んでいませんので、もし、遠い(近い?!)将来こんな場面も起こりうるのかななんて思ったりします。

スターウォーズに始まる宇宙型SF映画のような演出が、そのジャンルの映画好きにも堪りません。

この任天堂のおすすめ名作ソフトも任天堂バーチャルコンソールにて配信発売されていますので、ぜひWiiやWii Uでプレイしてみてほしいタイトルです。