スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



任天堂のおすすめゲームソフト(タイトル)の第6回目です。

前に紹介させていただいたソフト以外のタイトルについて紹介させていただきます。

 

①ゼルダの伝説 神々のトライフォース

ゼルダの伝説 神々のトライフォース 素材

 

 

 

 

このゲームタイトルは、ファミコンで人気を博したゼルダの伝説のスーパーファミコンでの続編です。ビジュアル面やオーディオ面をかなり向上させて、ゲームの完成度の高いものに仕上がっています。

任天堂と言えば「マリオ」、「ゼルダ(リンク)」ですね。

ニンテンドー64からシリーズ化されている任天堂オールスター大乱闘スマッシュブラザーズにも登場しつづけていますし、任天堂を代表するキャラクターの1人です。

ニンテンドー64の不朽の名作である「ゼルダの伝説 時のオカリナ」や「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」などなどまさにゼルダの「伝説」を築く石末になった作品です。

直近でもニンテンドー3DSで「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」が新発売になるなど、このスーパーファミコン時代の「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」を起点として、ゼルダ作品のシリーズが広がっています。

任天堂のアクションRPGの最高傑作です。

気になられた方は、ぜひともこのゲームタイトルをプレイしてみることを強くおすすめします。

 

②ファイヤーエンブレムシリーズ

ファイヤーエンブレム 画像

 

 

 

 

 

任天堂としては、数少ないゲームジャンルのタイトルです。ゲームジャンルとしては、シミュレーションゲームです。

シミュレーションゲームとは、自分のアクションを起こす時(ターン)と敵がアクションを起こす時(ターン)のターンの入れ替えが起こりながら、ゲームを進めていくゲームジャンルです。

ビジュアル重視の現在の家庭用ゲーム機(PS3やWii U)などでは、あまり開発発売されていないゲームジャンルのコンテンツではありますが、スーパーファミコン時代付近のシミュレーションと言うゲームジャンルを確立した。モンスターソフトでもあります。

シリーズ続編作は、数多く発売されていますので、かなりの販売数の見込める人気キラータイトルであることは間違いありません。

シミュレーションゲームの神髄「ファイヤーエンブレム」がおすすめですし、気になられた方は、この機会に原点であるスーパーファミコン版の「ファイヤーエンブレム」をプレイしてみることをおすすめします。