スーパーファミコン(俗にスーファミとも言う)は、現在のゲーム人口のかなり多くの方がプレイした家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

スーパーファミコンは、任天堂が1990年11月21日に日本国内で発売した家庭用ゲーム機で、ファミリーコンピュータの後継機として発売されました。発売当時のメーカー希望小売価格は25,000円でした。現在の任天堂の家庭用ゲームとさほど相場が変わりませんね。今年の11月21日で23周年という歴史の長い家庭用ゲーム機です。

スーパーファミコンのハードウェアスペックとしては、16ビットCPUの搭載などにより、ファミリーコンピュータと比べ、表示や音源の処理能力が格段に向上しました。

ファミコンの大ヒットとその後継機であること、そして処理性能の格段の向上も相乗効果でとても長い間プレイされた家庭用ゲーム機としても名機と言えます。

そのスーパーファミコン(スーファミ)には、数々の名作ソフトがあります。



任天堂のおすすめゲームソフト(タイトル)の第2回目です。

前に紹介させていただいたソフト以外のタイトルについて紹介させていただきます。

任天堂のアクションゲームソフト(タイトル)の中で、特に私が面白かったと思う名作ソフトをピックアップします。

 

①「スーパードンキーコング」シリーズ

スーパードンキーコング 画像

 

 

 

 

ドンキーコングと言うキャラクターは、ファミコン時代からいましたが、ドンキーコングがメインキャラクターとしてゲームが繰り広げられているタイトルは、スーパーファミコンのこの作品が始めてです。

ドンキーコングとディディーコングがいろいろなステージを協力しながら進んでいきます。

何よりこのゲームタイトルがすごいと思うのは、スーパーファミコン中後期の作品であるため、ビジュアル面やオーディオ面で物凄くクオリティの高いゲームタイトルです。

キャラクターを移動してステージを選ぶマップも細部までこだわりの作りこみがされており、本当に丁寧に作られているなと思ってしまいます。

また、ドンキーコングが空中の動く樽に入り、次の樽に移るためにタイミングを合わせて発射するなど、リズムやテンポ感覚も必要なゲームでした。

ドンキーコングはゴリラなので、敵を倒すしぐさなど、本当に動物的な動きをうまく再現しているなと思えるところもこのゲームの魅力です。

この作品も任天堂ハードのニンテンドウ64、ニンテンドウ3DSなど据え置き型、携帯型に問わず、続編が出ていることからも、人気の高さがうかがえます。

このゲームが気になったと言う方は、ぜひプレイしてみてください。

任天堂のバーチャルコンソールでも配信発売されていると思います。

 

②スーパーメトロイド

スーパーメトロイド 素材

 

 

 

 

このゲームタイトルは、ゲームボーイなどで大ヒットした、メトロイドシリーズの続編です。ゲーム色は、宇宙船や宇宙などが、題材と言うこともあって、少し薄暗くて、怖い感じですが、ゲームのシステムやステージ作りは、実によく考えられているなと言う感じです。

ステージは、広大なんですが、ちゃんと新しい武器やアイテムをゲットして進まないと、次のフロアにはすすめません。

アイテムを取るごとに主人公が強くなっていく感じは、アクションであるのにキャラクター育成の要素もあると思います。

最後、アイテムを全て取り、強くなった主人公(サムス)がラストモンスターに挑む時のたくましさは、心強いものでした。

ぜひこのゲームタイトルはおすすめなのでぜひプレイしてください。

このゲームタイトルも任天堂のバーチャルコンソールで配信発売されていますので、今のハードでもプレイできますよ。

 

任天堂のゲームソフト(タイトル)は、本当に名作が多く、ほとんどはずれがありません。任天堂の気になる過去の名作は、プレイされてみることをお勧めします。