家庭用ゲーム機と言えば、一家に一台くらいは、お持ちの方が多いのではないでしょうか?

現行の家庭用ゲーム機であれば、SONYのプレイステーション3(PS3)と任天堂のWii UとMicrosoftのXBOXがあり、特に日本では、SONYのプレイステーション3(PS3)と任天堂のWii Uが日本仕様のタイトルが多いこともあり、所有している方も多いと思います。

もっと言えば、SONYのプレイステーション派と任天堂のWii U派に綺麗に分かれるのではないかと思います。



今年は、その2強の中でもSONYのプレイステーションの新型家庭用ゲーム機であるプレイステーション4(PS4)の発売日が近づいています。

日本におけるプレイステーション4(PS4)の発売日は、平成26年2月22日です。

 

気になる価格は、

PlayStation®4 First Limited Pack(41,979円(税込))

PlayStation®4 First Limited Pack with PlayStation®Camera(46,179円(税込))
 

日本における発売日なので、実は、北米では、既に発売しています。

北米では、すでに数百万台販売され、一気にプラットフォームが広がっています。

SONYは、日本の企業であるのに日本での発売よりも北米での発売が先になった理由は、日本向けの日本人が好むコンテンツ(ゲームタイトル)が充分に揃っていなかったためです。よって、日本人向けの日本人が好むコンテンツ(ゲームタイトル)が充分に揃った平成26年2月22日を発売日に設定しました。

また、SONYは、今までの発売日に販売開始する方式から、発売日の前に事前に予約を取り、その後発売を迎えるといった方法に変更し、スタートダッシュに大成功した模様です。

確かに、PS3の時は、事前予約もなく、日本人向けのキラータイトルもなく、満を持して発売したものの寂しいものだったような気がしました。

SONYは、その苦い思いが強くあったのかもしれません。その反省が生かされていると思います。

PS4(プレイステーション4)と同時発売のおすすめのゲームタイトルは、間違いなく


です。

PS4とPS3との互換性については、PS4でPS3のゲームディスクを利用しての互換性はないですが、クラウドサービスによる下位互換(PS1・PS2・PS3)は提供する予定のようです。PS3のゲームディスクが利用できないとなると今までの資産は、PS4一台では、十分生かしきれないようですね。PS3と2台持ちをしなければならないようです。

今後、PS4でPS3のゲームソフトも利用できるようになることを強く期待したいところです。