私が、子どもの頃から今までに遊んできたゲーム機は数知れません。

一番初めに手にしたのは、やはりなんといっても任天堂のファミリーコンピューター(通称 ファミコン)です。

僕らの世代は、特にファミコンというハードの大ヒットを機に友達と遊ぶと言えば、友達の家に行き、何人かでテレビに向かいゲームで盛り上がるということが、一般的になった世代だろうと思います。



ファミコン(ファミリーコンピューター)は、1983年7月15日に任天堂から発売された家庭用ゲーム機です。

発売当初のメーカー希望小売価格は、14,800円でした。

 

ファミコンと言えば、テレビの裏の基盤に、導線(プラスとマイナス)を付け、テレビに映し出すという今から見ればすごく原始的な接続方法で接続していました。

親とケンカし、ファミコンの導線を取り外されたら、子どもながらに接続方法がわからず、泣く泣くゲームを我慢していたこともありました。

それからしてみると今のゲーム環境は、その当時では、想像もできないぐらい進歩したと思います。

テレビへの接続なんて悩む余地がないぐらいです。

しかも、グラフィックのクオリティが半端なくすごいです。もはや、実写を超える表現力を持っていると思えるものも少なくないです。それに比べ、ファミコン時代は、ブロックみたいなカクカクなキャラクターを操るのに一喜一憂していました。

ファミコンのソフトも本当にたくさんの本数発売されているが、その中でのやはり任天堂の代表格である「スーパーマリオブラザーズ」が本当に名作であったように思えます。


今でこそレトロゲームにしか思えないですが、その当時は、本当に革新的な操作感や爽快感がありました。

ファミコンのゲームコントローラーも今でこそ古臭いデザインになりましたが、その当時は、本当によく考え出したなっていう感じの斬新な物でありました。

コントローラー

ファミコンの大ヒットは、コントローラーの斬新さのおかげと言っても過言ではありません。

ゲーム機自体のスペックの進化は、目を見張るものがありますが、それを操作するコントローラーというのは、ある意味、ファミコン時代のコントローラーに完成されたものが何十年も経った今でも、ルーツ(由来)があると思えてなりません。

そう考えると、ファミコンを開発した任天堂チームのスタッフには、今も変わらずゲーム好きの私としては、感謝の気持ちを表現しきれないくらい頭が上がらない思いです。