現在、私が持っている家庭用ゲーム機は、任天堂のWii Uです。

一般的に、ゲーム市場におけるハード(本体)のシェアの割合が、家庭用ゲーム専用機からスマートフォンにシフトしてきているようです。

そうなると家庭用ゲーム専用機については、厳しい戦いが繰り広げられるようになってきます。

確かに、ゲームにおいてライトなゲームを好むユーザーについては、スマートフォンでアプリなどをダウンロードし、手軽にいつでも、どこでも、ゲームをプレイし、ゲームを中断したいときには、すぐに中断するようなゲームの方が適していると思います。



だから、スマートフォンのユーザーがゲームをすることに対しては、むしろゲームをする人のすそ野が広がっているのではないかと思います。

逆に、家庭用ゲーム機は、家庭用ゲーム機にしかできないこともたくさんあると思います。


例えば、今、流行の一人カラオケ(ソロカラともいうらしいですが)に関しては、スマートフォンでもカラオケができるアプリがたくさんありますが、スマートフォンにむかって歌っても感じが出ないですね。

テレビに出力できる端末もありますが、もともとの映像や音声が映るのでスマートフォンの小さな画面に合わせて作ってある映像を無理やり拡大するので、やはりあまり映像が良くないように見えてしまいます。

ところが、任天堂 Wii U の「カラオケWii U」は、カラオケ配信メーカーとタッグを組んでやっていることもあり、本当にクオリティが高いんです。カラオケムービーを流しながら、カラオケをすると本当にカラオケボックスにいるみたいな気持ちになれます。

カラオケWii U

当然、大きなテレビ用の映像を元に作ってありますので、画像がBDや地デジなみに綺麗です。当然、FullHD画質です。また、音声についても、リビングでプレイすることを念頭に置いてありますので、相当、高音質なものになっています。

また、一人カラオケに行くことに抵抗がある人も自分の家で一人カラオケが出来ますので、周りの目も少しは気になりません。

しかも、カラオケボックス並のクオリティはありますので、本当にいい感じです。

私は、初めてこの「カラオケ Wii U」 でカラオケをしてみたとき、家庭用ゲーム機のカラオケもクオリティがここまで来たのか?と本当にカルチャーショックでした。

カラオケ好きなそこのあなたも「カラオケ Wii U」をしてみた方がいいですよ。と強くアピールしたいです。

家庭用ゲーム機ならではの、本格的なゲームの中の一つのご紹介でした。