皆さんは、いつもお世話になっている両親にどんな形で感謝の気持ちを表しますか?

両親のうちでも母親に関しては、ギフト(プレゼント)など、毎年違うものを考えることがしやすいとは思います。

しかし、父親に対しては、いつもワンパターンになっているのではないでしょうか?

父の日は、毎年6月の第3日曜日です。父親への感謝の気持ちを表せる数少ない機会です。ワンパターンにならず、たまには、趣向を変えたものをプレゼントするのも面白いかもしれませんね。

そこで、今回は、父親がもらって喜ばれると思われるプレゼントについて年代別にランキング形式で紹介させていただきます。



40代以下の父親が喜ぶ父の日ギフト(プレゼント)ランキング

 

第3位 電動シェイバー(髭剃り)

 



働き盛りに何かと忙しい40歳台の父親ですから、髭剃りなどに時間をかけれないことも多々あると思います。通勤途中の車の中などで手軽にひげもそることが出来、なおかつ、管理も手軽であることは、非常にありがたいですね。もらったらうれしいプレゼントの一つです。

 

第2位 デジタル音楽プレイヤー(iPodなど)

 



通勤電車の中など、移動時間など、快適に過ごしたいと思っている父親も多いのではないでしょうか?スマホもあるけど、電池のヘリが気になるし、大きさが気になるところですね。鞄の中にそっと忍ばせておくには、小さくて電池の持ちの良い物に限ります。子育て真っ最中で金銭的にも苦しい世代ですので、プレゼントとしてもらったら喜ぶと思います。

 

第1位 家族とのふれあい・団欒の時間

何より、子どもからの手紙や肩もみ権など、お金がかからなくても気持ちのこもったものがうれしいですね。子どもが一生懸命書いた父親の似顔絵などがうれしい物ですね。次の日からの仕事の糧となるようなプレゼントが何より一番喜ばれます。

 

50代以上の父親が喜ぶ父の日ギフト(プレゼント)ランキング

 

第3位 部屋着(パジャマなど)

 



 

父親は、大半の時間を会社など外で過ごします。バリッと仕事着などは、そろえてありますが、意外と部屋着などリラックスする時の服装などに隙のあることが多いように思います。部屋着を父親よりも少し若いセンスで選んであげたら、きっと家の中でもリラックスして過ごせるはず。

 

第2位 お酒・焼酎などのアルコール

 



 

なんといっても父親が喜ぶものと言えば、お酒ですよね。珍しい地酒や珍しくなくても、お酒や焼酎は、本当にたくさんの銘柄があるものです。外での付き合いだけでなく、家の中でゆっくりお酒を楽しんでもらうためには、自宅で飲むことの出来るお酒や焼酎は、うってつけではないでしょうか?少し、凝りたい場合は、名入れ焼酎などのギフトもありますので、選択肢としては、アリではないでしょうか?

 

第1位 グルメギフトやおいしい店での家族そろっての食事

 



やはり、家族そろっての食事が何よりですね。いつもは、節約して食べているとは、思いますので、たまの機会には、少しぜいたくなものをゆっくり大勢で食べたいものです。みんなで過ごすことが、何より一番の感謝を表す方法なのかもしれませんね。

 

ところで、お花が好きな男性も少なからずいると思いますが、父の日に花をプレゼントしてはダメなんでしょうか?また、父の日にふさわしい花はあるのでしょうか?

 

父の日に花をプレゼントするとすれば、「バラ」の花がふさわしいようです。

特に「赤いバラ」の花がふさわしいとされているようです。

 

特にお花を好まれる父親には、「赤いバラ」の花を手渡しもしくは、宅配するのもいいのかもしれませんね。

 

さて、最後にいつまで父の日のギフト(プレゼント)を父親に渡すのが望ましいのでしょうか?

答えは、死ぬまでです。

そこそこの事情と気持ちで判断していいのかもしれませんが、基本は、父親がいいといってもあげたほうがいいのかもしれませんね。

プレゼントを考える方も何年も経つと考えるのが大変ですよね。

ひとつ、ワンパターンを回避する方法としては、例えば、その時代にあったものをあげるのもいいのかもしれませんね。