私の持っているオーディオシステムは、

①メーカー 東芝

②機種名 RLS-250

③概要 HDMI 1.4端子/レグザリンク/総合出力250Wの3.1chオーディオシステム(37V~47V型向け)

です。

他のブログの記事でも書きましたが、私が音にこだわっていることと最初に、私が買った液晶テレビが東芝のレグザであったため、それから、ずっと東芝製の液晶テレビを購入しているため(現在も東芝の液晶テレビを持っています)、東芝の液晶テレビと相性の一番いい東芝製のオーディオシステムを購入しました。



当然、東芝製のオーディオシステムであるため、レグザとの連携は抜群であることは、言うまでもありません。


この商品を使ってみた感想は、テレビの音などを聞いていると、レポーターなど、メインで話している人の声は、当然、綺麗に聞こえますが、もっとすごいことは、周りで話している人の声まで、聞こえてくることです。

なので、どこかからの中継などを聞いていても物凄い臨場感があります。

テレビのもともとのスピーカーでは、当然そんな音も聞こえませんでしたが、このオーディオシステムのスピーカーを介せば、まるでその場所にいるのではないかと思えてしまいます。

また、テレビに付いているのスピーカーの音に切り替えてテレビの音などを聞いてみると、音が薄っぺらくて、聞くに堪えません。

もともと、テレビの標準のスピーカーも結構いい音が出るんでしょうけど、慣れって本当にこわいですね。

また、私の大好きな音楽をこのオーディオシステムのスピーカーを通して聞いた場合、重低音が半端なく聞こえます。ドラムやギターの音もかなりいろんな音が耳に飛び込んできます。

音楽好きな私としては、同じ音楽を聞く場合でもとても味わいのある音がして楽しいばかりです。

私は、たまたま、東芝製のオーディオシステムを購入しましたが、家電大手の液晶テレビ製造メーカーからは、東芝と同じようにオーディオシステムが発売されています。

また、テレビのメーカーに依存せずにテレビのメーカー以外の音響機器メーカーからもオーディオシステムが多く発売されています。

家で、映画鑑賞(BD鑑賞)や音楽鑑賞をされることが多い方、今のテレビの音声に満足できない音フェチの方、何かしらオーディオシステムを購入してみたら、きっと新しい発見、体験ができること間違いなしです。

もし、このブログの記事で興味をオーディオシステムに興味を持たれた方がおられたら、ぜひ、これまた家電量販店で実際に音を聞いて体験(チェック)してみていただきたいと思います。