皆さん、秋元康さんと言えば、社会現象にまでなっているAKB48や一昔前、一世を風靡したおニャン子クラブなどを世間にヒットさせたプロデューサーとして、世間に知らない人はいないほどの超有名人ですね。

AKB48では、前田敦子(あっちゃん)や大島優子さんや板野友美(ともちん)や篠田麻里子さんをトップアイドルに成長させてきました。

また、おニャン子クラブでは、工藤静香さんや国生さゆりさんなどこれまた現在でも名高いトップアイドルを多数輩出してきました。



これだけでも、秋元康さんってプロデューサーとして、本当に敏腕な方なんだろうなと思います。

ただ、秋元康さんが本当にすごいのは、プロデューサーとしてだけでなく、作詞家としても本当に有名な歌詞を残していることがすごいと思います。

AKB48の歌詞もアイドルと言うことで、チャラチャラしているのかなと思いきやなかなかすごいことを書いているなと思います。

例えば、AKB48の中で超有名曲「フライングゲット」ですが、歌詞は、そのまま記載出来ませんので、掻い摘んで説明すると、勘違いでもいいから、可愛い子がいたら、男から話しかけて、相手を意中にしてしまえよと言っています。

 

文字では伝わらないのでこちらをご覧ください。↓



 

 

確かに、現代社会、草食系の男子が多い中、その草食系男子に叱咤・激励をしている歌ともとれます。秋元康さんは、なんとなく歌詞を書いているわけではなくて、そういう時代背景をばっちりつかみながら歌詞に盛り込んでいっているんだと思いますし、そこが何よりも大ヒットの理由なのだと僕は、思います。

同じ、大ヒットでもおニャン子クラブの「セーラー服を脱がさないで」は、性に対して不寛容だった時代背景をきっちりつかんで、大ヒットにつなげていると思います。

そういう意味では、ある意味、秋元康さんは、時代を読める人(時代空気読み人「JKY1」)なんだって思います。

その中でも、秋元康さんの歌詞の中で一番好きな歌詞は、美空ひばりさんに歌詞を提供している「川の流れのように」です。

この歌詞は、またもや歌詞はそのまま記載出来ませんので、掻い摘んで説明しますと、人生は、流れる川のように、曲がりくねっていたり、でこぼこしていたりするが、川の流れも川自身で流れに逆らうことが出来ないように、人生もその流れに身を委ねるしかないし、なかなかそう思えないだろうけど、身を委ねるような気持ちに本心からなりたいという「なるようになるなるようにしかならない」という歌詞です。

秋元康さんは、30歳台の時にこの人生を超越した歌詞をこの世に出しました。

私は、この美空ひばりさんへの提供の「川の流れのように」の歌詞が秋元康さんの作詞家としての最大の偉業ではないかと思います。

そういう意味では、早い段階から実力のある作詞家だったんだと思います。

聞いたことありますよね?「川の流れのように」

今回は、作詞家 秋元康さんについての記事でした。