皆さん、ここ最近のブログ記事は、もっぱら低価格通話について書かせていただいておりますが、もう一つ運営主が強力な通話サービスがあります。

今回は、それについて書かせていただきます。

強力な運営主とは、楽天です。

インターネット業界(IT業界)では、もっともメジャーな企業の一つだと思います。

その楽天が提供している通話サービスは、「楽天電話(楽天でんわ)」です。

 

では、楽天電話とは、どんなサービスなのでしょうか?!



楽天でんわの特徴

特徴① 番号そのままで通話料半額

楽天でんわとは番号そのままで通話料を半額(10.5円/30秒)にします。

 

特徴② アプリ同士でなくても通話可能!!

楽天でんわ(アプリ)ならスマホ同士だけでなくフィーチャーフォン(ガラケー)や固定電話への通話が可能で通話料が半額(10.5円/30秒)。
お店の予約や再配達受付などどこへでもかけられます。

 

特徴③ 月額使用料0円で半額通話!!

楽天でんわは初期費用/月額基本料が一切かかりません。
通話料は携帯電話事業者でかかる料金(21円/30秒)の半額の料金のみです。

 

特徴④ 通話料100円につき1ポイント

通話料100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。また、楽天カードで通話料をお支払いいただくと通話料100円につき2ポイント貯まります。

 

楽天でんわを利用するメリット 

他の通話系アプリでは、電話番号が自分の携帯電話番号と違うものを利用しなければならなかったり、アプリを利用している人同士しか通話できなかったりしますが、この「楽天でんわ」は、自分の携帯電話番号のまま利用できしかも、通常の携帯電話会社の通話料の半額に出来るということが最大のメリットと言えます。

 

楽天でんわを利用することで起こるデメリット

家族間や同じ携帯電話会社同士の通話が本来なら無料なのに有料になってしまう可能性があることです。

無料の連絡相手先には、キャリアから通話するなどの使い分けをきちっとしないと、楽天でんわを利用して通話した方が高額な通話になってしまいます。

 

楽天でんわの仕組み

楽天でんわの仕組みは固定電話におけるマイラインのようなものです。指定番号を付けることで、Aの携帯電話会社からBの携帯電話会社宛に電話をかける際の間をフュージョンのネットワークが中継し、安い通話料を提供するというものです。

簡単に言うと、楽天でんわを利用する際は、通常の電話番号の先頭に楽天でんわ固有の番号をプラスして電話を掛けると言ったイメージです。

 

楽天でんわの評判・口コミ

①通信のクオリティは、悪くないです。音声遅延などが少ないです。

②通話のクオリティは、現状では、良いです。

③少し繋がりにくいことがあります。

④楽天ポイントがたまるのは、楽天ユーザーとしてはうれしい。

⑤無料通話アプリがインストールされてないユーザーにとっては、とても有用なアプリです。

 

前回のLINE電話にせよ、この楽天でんわにせよ、いづれにしてもキャリア主導のVOLTE(ボルテ)による定額通話が開始されたら、存在意義が薄れてしまうと思います。

と言った意味でも、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の定額通話が高品質でかつ低価格なことを心から祈っています。

ただ、キャリアのVOLTE(ボルテ)が出るまでの間やVOLTE(ボルテ)が出ても、端末が対応してなくその恩恵を受けることが出来なくて、端末代金の割賦金がかなり残っている方にとっては、キャリアの契約電話番号がそのまま使えると言う意味では、救世主かもしれません。

結局のところ、ユーザーにとって一番最適なサービスが開始されることを携帯電話会社(キャリア)に強く要望するところです。

 

参考サイト(楽天でんわ)

http://denwa.rakuten.co.jp/