2014年、空前の大ヒットを記録した「アナと雪の女王」は、ご覧になられてでしょうか?

ストーリー・映像は、言うまでもなく最高ですし、何より劇中歌がたまらなくいいですよね?

アナと雪の女王が大ヒットした理由と言うのは、やはり、映画の構成がミュージカル風になっているのが、何度見ても飽きさせない理由であると思います。

私ももう20回以上見ました。

日本語吹き替えでない英語版の音声も素晴らしいのでしょうが、日本語吹き替えの声優の歌声もとてもいいです。

主な主人公である アナは「神田沙也加」さん、エレサは、「松たか子」さんですね。

この二人の声がとてもいいです。

アナ「神田沙也加」は、母親である「松田聖子」さんの歌声にどこかにているように思えます。元気あふれる声は、映画を盛り上げるのに一役かっています。

また、エレサ「松たか子」は、松たか子さん自身のキャラクターでもあるようなどこか内に秘めた奥ゆかしさで2人の女性をうまく対比していると思います。

ところで、「アナと雪の女王」を見たことがない方が、「アナと雪の女王」を観ようと思ったら、ブルーレイ・DVDを購入する必要があります。

しかし、久々に映像ソフトを購入したのですが、最近の映像ソフトは、至れり尽くせりだなっと思いました。

 

「アナと雪の女王」のブルーレイ・DVDのすごいところ

①ブルーレイとDVDが1枚ずつ入っていること。

自宅には、ブルーレイレコーダーなどを所有しており、大画面で高画質で映画を鑑賞したいという方とカーナビなど、ブルーレイには、対応していない機器でも再生できるように、DVDもついています。しかも、どちらかのみしか再生できないというわけではなくブルーレイもDVDもどちらも再生できます。

今後の映像ソフト販売のスタンダードになるのかもしれません。

ユーザーとしては、うれしい配慮ですね。

 

②専用サイトに登録すれば、デジタルコピーデータをダウンロード出来ること。

スマホ・タブレットでも映画が観れます。ブルーレイ・DVDとこのDLCも加えると3種類のメディアがついているのです。

もはや、海賊版などで出回る余地もないくらいですね。ディズニーには、そういった思惑もあるのかもしれません。

出し惜しみをするのではなく、正規に本元がメディアを用意するというのは、今後のスタンダードになるのかもしれません。

 

そんな「アナと雪の女王」のブルーレイ・DVDの価格は?!

 



 

今年中に「アナと雪の女王」を鑑賞し、暖かい気持ちで冬を迎えましょう。

ほんとに面白くて何度も何度も見てしまう作品でおすすめです。