本日はドコモ光について調べてみようと思います。

 

ドコモ第3四半期決算は1000億円の減益、下り最大225Mbpsは3月開始

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000117-impress-sci

 

NTTドコモは29日、2015年度第3四半期(9月~12月)の業績を発表した。

同日には説明会が開催されたが、決算の説明は15分程度に留まり、残りの時間は同日に発表された「ドコモ光」に費やされた。



駆け足のプレゼンテーションでは、前期と比べて大幅な減益になったこと、各種オペレーションデータが紹介されたほか、下り最大225MbpsのLTE-Advancedのサービスが3月に開始されることがあらためて案内された。

 

■ 業績とオペレーションデータ

第3四半期(累計)の業績を観ると、営業収益は3兆3268億円(前年同期比1.1%減)、営業利益は5871億円(同14.7%減)となり、減収減益となった。

約1000億円もの減収の背景には、新料金プランによる音声通話収入の減少、そして月々サポートの増加という2つの要因が大きい。

ただ、音声ARPU(音声通話に限った1契約あたりの売上)は前期(第2四半期)と比べて10円アップ。

これまでの減少傾向から増加に転じた可能性がある。

通期予想としても、2014年度は最終的に750億円の減収になる見通しとされており、1月~3月にかけて損益は減っていくという。

新料金プランは1400万契約(1月11日)に達したが、1人のユーザーに向けたデータパックでは、MパックとLパックの利用が全体の50%を超えた。

純増数は217万件(前期は65万件、3.4倍)となり、解約率は0.7%(前縁同期は0.76%、前期は0.62%)、MNPは5万件のマイナス(前期は21万件)となった。

 

■ 下り最大225Mbpsは3月

設備投資額は、前年同期と比べて330億円減少しているが、2015年3月からLTE-Advancedによる高速化で、下り最大225Mbpsのサービスが開始される。

昨年9月末の段階で、対応機種の登場時期が3月になるとされており、サービスも同時期とされていたが、今回の会見で、加藤社長が3月開始と明言した。

第3四半期末時点で、LTE対応基地局は9万200局に達し、そのうち100Mbps以上に対応した局は4万6200局となった。

3カ月後の2014年度末には、LTE対応局が9万5300局、100Mbps以上対応が5万局となる予定。

100Mbps対応局は当初、4万局とされていたが、5万局へと上積みされる。

【ケータイ Watch,関口 聖】

 

近頃検索回数が伸びてるドコモ光の情報などはみていますか。

よく取り上げられるドコモ光ということで情報を収集している方もきっといるのではないかと思っています。

まだ確認をしていない方もいるのではと思うので確認した参考記事を引用してみますね。