皆さん、スマホがかなり普及した昨今、スマホで写真を取るから、デジカメは、必要ないよなんて方も多いのではないでしょうか?

私も、最近のスマホの撮影可能画素数なんかのスペックを見る限りデジカメ(特にコンパクトデジカメ(コンデジ))は、必要ないのではないかと思うことは、多々あります。

と思いきや、写真専用のデジカメは、スマホでは、実現できない画質の良さや撮影のスムーズさがあります。

そこで、今回は、僕が一番使いやすいと思うパナソニック デジカメ(ルミックス)をご紹介させてください。



 パナソニック デジカメ(ルミックス)おすすめの一台(DMC-TZ60-S)

 

特徴① 有効画素数 1810万画素

スマホでこれを上回る画素数を撮影できる機種もあるようですが、単純にスマホとデジカメでは比較できません。デジカメプリントを印刷した時の色の鮮やかさは、やはりデジカメには到底かないません。だって、写真撮影専用ですからね。

 

特徴② 光学30倍ズーム

30倍の距離まで望遠出来るのは、デジカメの専売特許、目いっぱいまで、ズームして撮影しても、画質のムラがあまり目立ちません。スマホには、ズーム出来る距離も撮影の画質のムラにも限界があります。

 

特徴③ 手ブレ補正機能

これもスマホでありがちなばっちりのシャッターチャンスなのに、少しの手のブレで、写真がぶれて写ってしまって「あーもったいない」なんてこともありますよね。

デジカメ専用の機器であるからこその構造上の工夫によりこの手ブレ自体を補正するという機能は、このパナソニックがいち早く取り入れた手法です。

スマホの手ブレ補正機能とは、くらべものにならないくらい精度の高い物です。これもデジカメにしか実現できないメリットの一つです。

 

特徴④ フルHD動画撮影機能

スマホにもフルHD動画撮影機能は、ついている機種もありますが、やはり画質・管理のしやすさともにデジカメの方が勝っています。パナソニックは、ブルーレイレコーダーなどを製造販売していることもあり、ブルーレイレコーダーに取り込みやすいブルーレイに記録するための標準の規格(AVCHD)で記録されるため、ホームビデオ等も作成しやすくなっています。デジタルビデオカメラというデジタル家電のジャンルも存在しますが、もはや、デジカメがデジタルビデオカメラの機能も含むような感じになってきています。デジカメとデジタルビデオカメラの境界が非常にあいまいになっています。プロでない限り、一般人が使用する用途では、デジカメの動画撮影機能で十分なのかもしれません。

 

特徴⑤ Wi-Fi機能

デジカメで撮影した写真や動画をWi-Fi(無線LAN)を介して印刷やファイルのコピーが行えます。もはや、過去のデジカメの域をはるかに超えてますね。充電以外は、線なんて必要ないのかもしれません。

 

ところで、気になる

パナソニック デジカメ(ルミックス)おすすめの一台(DMC‐TZ60‐S)

の価格ですが、