本日は4Kテレビについて調べてみようと思います。

 

ヒットを続ける「プレミアム家電」 ジャーナリストが選ぶ注目の商品は?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000342-oric-life

 

現在、家電市場でヒットしていると言われているのが、「プレミアム家電」と呼ばれる、高級、高価格帯のモデル。



実際、ORICON STYLEで20~50代男性500人に調査を行ったところ、62.6%もの人が、「自分のこだわりに合った家電は、多少高くても購入する」と答えた。

2014年ヒット商品番付を発表~ネット市場も“アナ雪”“妖怪ウォッチ”関連商品が席巻!

そのトレンドは、専門家の言葉からもうかがえる。

 

IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんが、炊飯器やテレビを例にとって解説する。

「炊飯器などは10年近く前からそうですが、10万円を超えるプレミアムモデルが一定の人気を維持しています。テレビもフルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4Kテレビ」が当初の予想を上回って人気となっています」

では、そんな「プレミアム家電」のなかでも、注目の商品は?

安蔵さんは、いくつかジャンルごとに教えてくれたが、ここでは、「オーディオ」と「シェーバー」をご紹介する。

オーディオは、「ウォークマンNW-ZX2」。

安蔵さんは、「音質」をポイントに挙げる。

「若者を中心にポータブルオーディオが人気の中、ついにソニーが実勢価格10万円を超える高級ウォークマンを市場投入(2月14日発売)しました。

今回のモデルは音の広がり感、定位感(音の鳴っている場所がはっきりと分かる)など、音質面でパワーアップしました。

良い音を良いプレーヤーで聴きたいという人に受け入れられるのではないでしょうか。

シェーバーでセレクトしたのは、昨年11月に発売された、「ブラウン シリーズ9」。

実際に同商品を使った安蔵さんが感心したのは、やはり「剃る能力のアップ」だ。

「従来の最上位機種シリーズ7に比べて、一回のストロークで効率的にヒゲを剃れるようになったことは確かです。さまざまな方向に生えているくせヒゲをしっかりと起こしてカットするところに、新開発の『人工知能デュアル連動刃』が生きているのではないでしょうか」。

それにより、相反すると考えられていた“肌への優しさ”と“深剃り”の両立を実現できたのだ。

「人工知能デュアル連動刃」とは、従来一つだったトリマーから、世界初の新技術、高度に特殊化された連動する2つの進化したトリマー、あらゆるくせヒゲをとらえてカットする「くせヒゲキャッチ刃」、寝たヒゲを持ち上げカットする「極薄リフトアップ刃」を併せ持ったブラウン独自の新技術。

シンプルで普遍的なブラウンデザインの確立に貢献した、インダストリアルデザイン界の巨匠ディーター・ラムスから継承したDNAが凝縮した同デザインに加え、持ちやすさと使いやすさも追求したデザインクオリティとともに、安蔵さんも感じた上質な剃り味を実現している。

 

最近検索がのびている4Kテレビの情報は確認していますか。

かなり話題性が高い4Kテレビなので情報を収集しているというような方も相当いると考えます。

まだ確認をしていないというような方も多いと思いますから、私が参考になった参考記事をピックアップしてみますね。