家庭用のプリンタにも様々な種類がありますが、CANONかEPSONか?という問いをぶつけられるとしたら、どのような用途でプリンタを必要としているのかによると言う解答になります。



これらの二つのメーカーは同じくプリンタ業界ではトップクラスの存在ですが、技術的に目指している方向性には若干の違いがあるのです。そのためどのような用途での活用を考えているのかで判断が分かれてくるでしょう。

一般に文章など文字を多く使うことを想定しているのであれば企業ユーザーも多いCANONの方が使い勝手が良いとされています。これは黒インクが多く設置できるモデルが多く、無駄のない仕組みが採用されているからであると言えます。この機種を選択することによってインクの持ちも良く耐久性のある印刷機を手に入れることができるでしょう。

一方でEPSONは文字を中心とした印刷物ではなく、写真の様なものをより鮮やかに描き出すことに力を入れているメーカーです。そのためインクの種類も数も違うのです。

そのためCANONかEPSONか?という質問に対する答えとしては写真を沢山印刷したいと考えているならばEPSONをおすすめするし、そうでなく文書の印刷が多いならCANONがいいと思うとアドバイスをすることになります。

いずれの機種も出来ないことがあるわけではありませんが、向いている方向性は違うのです。

一方で業務用のプリンタとしては大規模な事業所に導入するモデルであればインクではなくトナー式のモデルが採用されることでしょう。

トナー式のモデルであればCANONもEPSONも同じく4色のトナーで印刷する仕組みになっていますのでどちらもひとしくおすすめできます。

どちらのメーカーが良いかというよりもどのモデルが良いかという選択肢で判断すべきでしょう。モデルによって印刷速度も違いますし、トナーや感光体の値段も違いますのでどのモデルが業務上適しているかを判断して導入する必要があります。

どちらもメーカー保証に入れば、故障時の対応も手厚く行ってくれますのでおすすめ出来ます。差をつけるのであればどちらのメーカーの代理店がより良いサービスを提供するのかで比較するのも良いでしょう。

業務用モデルは直接買うよりも地域の代理店を選択した方がお得であると言えます。そこには競争が発生し、より安く優れたサービスを購入することができる様になるでしょう。それは地域によって異なると言えます。