いつもブログを見ていただきありがとうございます。

本日も参考までに読んでみてください。

 

加速するデジタルヘルスケア市場の形成 アップルが先行

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150720-00000052-economic-sci

 

ITやデジタルテクノロジーを駆使したヘルスケア市場が急速に広がりつつある。

この分野で先行するAppleは昨年、ヘルスケアデータを一括管理できるフレームワーク「Health Kit」を発表した。



さらに今年に入ると、臨床試験基盤「Research Kit」を発表、これにより臨床試験アプリが従来より簡単に開発できるようになった。

米スタンフォード大学医学部は、Research Kitに基づいて、心臓の健康状態を解析するアプリ「My Heart Counts」を開発している。

このアプリはモニターの日常生活を把握して、生活習慣と心臓疾患の関係を解明することに利用される。

Appleは4月には、ヘルスケア機能を備えた「Apple Watch」の販売を開始している。

Apple Watchでは、心拍数の計測ができるほか、総合的な活動量を示す「ムーブ」、早足以上で運動した時間を示す「エクササイズ」、1分以上立ち上がった回数を示す「スタンド」など、自分の活動状態を把握できる。

取得されたデータはiPhoneに送信され、ヘルスケアに利用される。

今後、Apple Watchの機能とResearch Kitによる病院や製薬会社による臨床試験とを結合させていくことが、Appleの戦略だと見られる。

いまウエアラブル端末、センサー、人工知能などの技術開発は加速しており、低価格で生体情報を収集・解析できるようになっている。

こうした中で、Googleは14年に人体を研究するプロジェクト「Baseline Study」をスタートした。

モニターとなった人たちから、遺伝子と分子情報を収集し、健康な人体の基礎情報を把握するのが当面の目的だ。

ヘルスケア事業と家電事業の融合を推進しているPhillipsは、健康状態の診断と画像の研究でMITと提携した。

さらに、昨年「ITヘルスケア・プロジェクト」を立ち上げた帝人〈3401〉は今年3月、「眠り」をサポートする睡眠総合サービス「Sleep Styles」を開始している。

いま各社が、先行するAppleを追撃する形でデジタルヘルスケア市場が急速に拡大しつつある。

(編集担当:久保田雄城)

 

最近表示される回数が伸びているiPhoneのニュースなどはみていますか。

誰もが注目するiPhoneということで、情報を確認しているというような人もそれなりに多いのではと感じてます。

現時点で確認をしていないというような人もいるのではないかと思うので、当方が話題になっていた参考情報を引用しますね。