時間が空いたので気になっていた4Kテレビについて調べてみました。

 

大画面テレビ、4K対応で15万円台の50V型AQUOSが一番人気――ビックに聞く

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150320-01063283-trendy-sci

 

●デザイン性と割安さで人気の「AQUOS LC-50U20」、音で人気の「LC-60XL20」ビックカメラ・風間氏が教える 大画面テレビ選び

基本の三箇条予算の目安は少しいいモデルも選択肢に入れるとして、20万~26万円くらいWi-Fiや録画機能は一通り備えているので、数値よりも体感重視で選ぼう店頭でチェックするときは自分の好みに合った音の出方と色味を意識しよう



1位のシャープ「AQUOS LC-50U20」は、50V型の4Kモデルながら税別16万円を切る価格から、抜きん出た売れ方をしている。

値段が安いだけでなく、Wi-Fiやトリプルチューナーなどを内蔵し、デザイン性が優れていることも見落とせない。

「フレームがとても薄いので、外形寸法がひと昔前の42V型などと同じくらいに収まるんですよね。『前のスペースと同じで4Kにできるから、そうしよう』と選ばれていく方も多いですよ」という。

このデザイン性の高さは、AQUOSブランド全体の人気をも後押ししているそうだ。

「一時期勢いが落ち着いていましたが、コストパフォーマンスの良さとデザイン性が評価されて、かなり好調に売れています」

その勢いは、2位にもAQUOSがランクインしていることが証明している。

60V型の「LC-60XL20」で、こちらは2K(フルHD)タイプとなる。

トリプルチューナーやWi-Fiを内蔵しているのはAQUOS LC-50U20と同様で、こちらも底部を除いてスリムなフレームを採用している。

「解像度は一段低くなりますが、4原色の液晶パネルを採用しているので、見栄えは上々です。さらに底部に合計35Wのスピーカーが付いているので、音に厚みがあるんですよ。ブルーレイディスクで映画を見たり、ゲームをプレイしたりするのに迫力を求める人に好評です」とのことだ。

 

 

ちかごろ話題になる件数がのびてる4Kテレビの情報は確認してますか。

人気の4Kテレビということもあり、情報を集めている方もそれなりに多いと感じてます。

この記事を読んでいる方で確認していない人もいると思いますから、私が参考になった記事などを引用しますね。