時間が空いたので気になっていたドコモ光について調べてみました。

 

春のスマホ乗り換え(MNP)と機種変更で得する方法 iPhoneは? ドコモ、au、ソフトバンクの狙い目機種は?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150224-01062770-trendy-sci

 

様々なキャンペーンが展開される2~3月にスマホを安く買うには、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を使った他社への乗り換えがいいのか、それとも機種変更がいいのか。



ドコモ、au、ソフトバンクの最新事情と、お得に買うワザを解説する。

例年2月から3月の春商戦は、1年でもっともスマートフォン販売が活発な季節だ。

各社とも生活シーズンの変わり目にあわせた様々なキャンペーンを展開し、店頭には「キャッシュバック」や「一括1円」といったお得さを感じさせる言葉が並ぶ。

記事では、ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社でお得に購入できるiPhoneやAndroidなどのスマホと、割引キャンペーンを調査。

今年の買い替えで注意すべき、下取りサービスや通話定額プラン、固定回線についても紹介する。

機種変更やMNP乗り換えで、毎月の支払額を抑えつつ最新スマホを手に入れるワザを解説する。

なお、この記事で紹介しているスマホの価格は2月23日時点の調査をもとにしている。

2月末から3月末にかけては、キャンペーン内容やスマホの価格設定が頻繁に変わりやすいので、実際の価格は店頭で確認してほしい。

【2015年の注目】 【機種変更】 【MNPによる他社への乗り換え】

●今年の機種変更・MNPで注目すべき点は「下取り」 今年の機種変更やMNP乗り換えでチェックすべき点は、「スマホ下取り」と、「通話定額プラン」、そして「固定回線とのセット割引」の登場だ。

「スマホ下取り」はその名のとおり、現在利用中のスマホを携帯電話会社が下取りして、そのぶんスマホ本体価格を割り引くキャンペーンだ。

特にiPhoneを下取りする場合は2万円前後の割引も期待できる。

■ドコモ、au、ソフトバンクが行う下取りキャンペーンポイント付与の場合、基本的には店頭で購入スマホの割引に利用できる。

ソフトバンクは下取り相当額を24カ月に分割して基本料割引で還元する

メリットとしては、買い取り対象が本体のみなので、中古PCショップや中古スマホ専門店、オークションと違い、箱や付属品の有無による減額を気にせずに済む。

また、auやソフトバンクへMNP乗り換えの場合など、中古ショップで買い取り値の付きにくいAndroidスマートフォンやケータイでも1万800円の値引きを受けられることがある。

ただし、下取り相当額の割引方法は各社によって異なるので注意が必要だ。

たとえば、本体価格がない一括0円の特価スマホを購入した場合は割引ができない。

この場合、ドコモだと下取り額をまるごとポイントとして付与できるので、ポイントを電子マネーやギフトカードなどに交換するか、次回の機種変更まで持ち越そう。

 

ここ最近表示数が伸びてるドコモ光のニュースなどはみていますか。

よく取り上げられるドコモ光だけあってピックアップしている方もいると考えます。

この記事を読んでいる方で確認ができていないというような方もいるのではと思いますので、個人的に話題になっていた情報を引用してみました。