皆さんは、自分の大事な資金を預けておく場所として、どういうところを選ばれていますか?

インターネットの普及した今の時代では、リアルに店舗のある銀行以外の銀行でネット銀行と言うのがあります。

リアル店舗の無いインターネットバンクは、リアル店舗で実現できる物理的なメリットを生かせない分、インターネットバンク特有の特典が用意されています。

インターネットを利用して、振り込みが出来たり、コンビニのATMを利用して出金・入金出来たりとか。

その中でもインターネット業界最大手の楽天がひっさげる「楽天銀行」についてご紹介したいと思います。



振込み手数料

①楽天銀行間の振込み 無料

②他銀行口座への振込み

3万円未満 160円

3万円以上 250円

 

※ 給与/年金受取で他行振込手数料が3~5回無料になる。

※ 楽天スーパーポイントが貯まる。

 

給与や年金を受け取りするだけで、振り込み手数料が無料になるとは、うれしいばかりです。

 

③ゆうちょ銀行本人名義口座への振込み 一律100円

 

入金手数料

①ATM入金(キャッシュカードによる入金)

3万円未満の入金
210円(イオン銀行・セブン銀行)
262円(イーネット・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・ローソン)

3万円以上の入金
無料

 

②他行からの振込による入金

振込元金融機関所定の手数料

 

参考サイト

http://www.rakuten-bank.co.jp/charge/

 

出金手数料

すべての取引

(イオン銀行・セブン銀行)210円

(みずほ銀行・イーネットATM・ゆうちょ銀行・ローソンATM)262円

 

提携先ATM利用手数料 月額無料回数

 

お預かり資金残高

①300万円以上 スーパーVIP会員 月額無料回数 7回

②100万円以上 VIP会員     月額無料回数 5回

③50万円以上  プレミアム会員  月額無料回数 2回

④10万円以上  スタンダード会員 月額無料回数 1回

⑤10万円未満  ビギナー会員   月額無料回数 0回

 

とまあ、楽天銀行口座に保有している資産の額によって優遇が違ってくるんですね。

また、2013年1月1日より、出金手数料が、無料になる回数を5回で6か月間保障してくれているようです。

楽天銀行新規開設の促進の一環でもあるようですね。

 

参考サイト

http://www.rakuten-bank.co.jp/charge/atm.html

 

インターネットが普及した現代では、インターネットで振込みなどのやり取りが簡単にできるネットバンキングを利用しない手はないです。しかも、日常生活に密着したコンビニATMを利用できるといった点から見ても、今の時代にあった銀行のあり方の一つなのかもしれません。