2015年7月29日にマイクロソフトからリリースされるWindows10ですが、このOSはWindows7、もしくはWindows8、8.1を既に利用しているユーザーであれば、無料でアップデートが可能ということでも話題になっています。



ただ、現在、Windows7がインストールされているパソコンは、一昔前のスペックであることが多く、新しいOSであるWin10をインストールしても大丈夫なのかという問題があります。一般的に、OSは新しければ新しいほど軽快に動作させるためには高いスペックが必要になるからです。
では、Win10を動作させるのに必要なスペックはどれぐらいなのかというと、デスクトップパソコン及びノートパソコンで動かす場合ですが、マイクロソフトから「CPUクロックは1GHz以上」「メモリーは32bit版の場合は1GB以上、64bit版の場合は2GB以上」「ストレージ、つまりハードディスクの必要空き容量は32bit版の場合は16GB、64bit版の場合は20GB、既にWindows7、8、8.1がインストールされているパソコンにアップデート版をインストールする場合は3GB以上の空き容量が必要」「モニターの解像度は1024×600ドット以上」と発表されています。
これは動作させるためには最低限、必要な性能ということになるので、快適に動作させたい場合は、もう少し上のスペックのパソコンで使った方がいいでしょう。
まずCPUですが、コア数が複数のもの、たとえばデュアルコアやクアッドコアがいいでしょう。デュアルコア以上であれば、クロックは確実に1GHz以上なので、クロックを確認する必要はありません。ただ、高ければ高いほどいいです。
メモリーは32bit版であれば3GB以上、64bit版であれば8GB以上あると、スワップが発生することはほとんどなく、スムーズな動作が期待できます。
現在、Windows7が動作しているパソコンの場合、CPUがデュアルコアではない、あるいはメモリが1GBしかない可能性が少なくありません。その場合、CPUの換装は非常に難しいので、メモリの増設を行うといいでしょう。
ノートパソコンを利用している場合は、ハードディスクをSSDに置き換えると、OSの起動速度が確実に速くなりますし、他のソフトウェアの動作速度も上がる可能性が高いです。

SSDの容量はハードディスクと比べると小さいですが、120GB以上のものであれば、Win10をインストールするのに充分余裕があります。