ドコモ光ってどう思いますか?少し気になったので調べてみました。

 

3キャリアの光回線セット割が出揃う – 家族全体でもっともお得になるのはauに?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150206-00000118-mycomj-sci

 

NTT東西が光回線を卸売りする「光コラボレーションモデル」を利用したブロードバンドサービスの発表が相次いでいる。



携帯キャリアでは、NTTドコモのほか、ソフトバンクが同モデルによる光回線サービスの提供を発表しており、携帯電話・スマートフォンと光回線をセットにして料金を割引く”セット割”の提供も予定している。

スマートフォンと固定回線のセット割としては、すでにKDDI(au)が同社の光回線サービス「auひかり」などの固定回線と、auスマートフォン、携帯電話をセットにして割引く「auスマートバリュー」を2012年より提供しており、これで主要3キャリアのセット割が出揃うことになる。

そこで本稿では、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社のセット割を比較し、どのキャリアのスマートフォン・固定回線のセット割が最もお得なのかを検証してみたい。

○各社のセット割を単身利用で比較それでは、各社のセット割の概要をおさらいしながら、単身で契約した場合の割引額を比較してみよう(以下、料金は税抜)。

 

○NTTドコモ「ドコモ光パック」ドコモのセット割である「ドコモ光パック」は、同社の新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の契約ユーザーが対象の割引サービス。

そのため、すでに新規受付が終了している旧料金プランの「タイプXi にねん」などの契約ユーザーは対象外となる。

また、固定回線としては、同社が光コラボレーションモデルで提供する光回線サービス「ドコモ光」を利用する。

同サービスの割引額は、カケホーダイ&パケあえるのパケット定額サービスのデータ量に応じて異なり、月間2GBのプランが毎月500円割引、5GBのプランが毎月800円割引、8GBのプランが毎月1,000円割引などとなっている。

 

○KDDI(au)「auスマートバリュー」一方、KDDIの「auスマートバリュー」は、auスマートフォン、携帯電話向けのデータ定額サービスと、指定の固定通信サービスに加入することで適用される割引サービス。

スマートフォン向けのデータ定額サービスとしては、新料金プランの「カケホとデジラ」に加えて、従来プランの「LTEフラット」など(スマートフォンのみ)も対象。

また、固定通信サービスとしては、「auひかり」などの光回線ほか、「J:COM」などのケーブルテレビの固定通信サービスも対象になっている。

割引額はデータ定額サービスのプランごとに異なり、カケホとデジラの月間5GB以上のプランおよびLTEフラットでは、最大2年間が毎月1,410円の割引、3年目以降は毎月934円の割引となる。

また、カケホとデジラの月間5GB未満のプランは、毎月934円が割引される。

そのため、比較表の月間2GBのプランでは毎月934円割引、5GBと8GBのプランでは毎月1,410円割引となり、いずれもドコモより割引額が多くなっている。

 

○ソフトバンク「スマート値引き」また、ソフトバンクのセット割である「スマート値引き」は、同社の携帯電話・スマートフォンと、傘下のソフトバンクBBが提供する固定通信サービスを一緒に契約することで料金が割引されるサービス。

対象の固定通信サービスには、光コラボレーションモデルを利用した「SoftBank 光」のほか、「Yahoo! BB ADSL」や「SoftBank Air」なども含まれる。

割引額はデータ定額サービスのプランごとに異なり、新料金プラン「スマ放題」の月間2GBのプランは毎月463円割引、5GBのプランは毎月1,410円割引、10GB以上のプランは毎月1,852円割引となっている。

そのため、上記の比較表では、月間2GBのプランが3社でもっとも割引額が少ないが、5GBのプランではKDDIと同様になる。

なお、スマ放題では月間8GBのプランが用意されていないため、ヘビーユーザーであれば10GB以上のプランを選択せざるを得ず、そもそもの通信料金が上がってしまうことに注意が必要だ。

このように、3社のセット割を単身利用で比較してみると、もっとも利用者の多い月間2GBから8GBのプランでは、いずれもKDDIの割引額が多く、お得と言える。

 

○各社のセット割を家族利用で比較次に、各社のセット割を家族で利用した場合に、家族全体の割引総額がどのようになるかを比較してみよう。

まず、ドコモの「ドコモ光パック」では、家族でデータ量を分け合えるシェアパックを利用可能だ。

しかし、セット割による割引額は、固定回線ごとに適用されるため、結果として割引額も家族で分け合うことになり、人数が増えても家族全体の割引総額は変わらない。

一方、KDDIの「auスマートバリュー」では、固定通信サービス1回線につき、最大10回線のスマートフォン、携帯電話に割引が適用される。

ドコモとは異なり、家族1人ひとりの料金が割引されるため、人数が増えるほど割引額も多くなるのが特徴だ。

ドコモとKDDIを比較すると、1人あたり月間15GBを利用するといった特殊なケースを除き、いずれもKDDIの割引総額がドコモを上回っている。

また、ソフトバンクの「スマート値引き」では、KDDIと同様に、固定通信サービス1回線につき、最大10回線の携帯電話・スマートフォンに割引が適用される。

家族1人ひとりの料金が割引されるため、いずれのケースでもドコモより割引総額が多い。

しかし、KDDIとの比較では、データ量の少ないプランの割引額が少ないため、家族4、5人で月間10GBから15GBを利用するような一般的な世帯の場合、KDDIのほうが割引額が多くなる。

一方、2、3人の少人数で月間20GBから30GBを利用するようなケースでは、ソフトバンクのほうが割引額が多くなる場合がある。

家族で利用する際に、各社のセット割で大きく異なるのは、KDDIとソフトバンクが1人ひとりの割引となるのに対し、ドコモは世帯ごとの割引となる点だ。

そのため、家族全体の割引総額では、KDDIとソフトバンクが優位になり、とりわけ、利用者が多いであろうライトユーザーからミドルユーザーの世帯の場合、KDDIの割引額がもっとも手厚くなると言えそうだ。

本稿では、ドコモ、KDDI、ソフトバンク各社のセット割について、単身利用と家族利用で比較してみた。

世帯ごとの割引となるドコモ、家族1人ひとりが割引されるKDDIとソフトバンクといったように、各社のセット割の内容には違いがある。

実際の利用料金は、戸建向けやマンションタイプといった固定回線の種類や、家族の人数、月間で利用するデータ量など、各自のケースによって異なってくるが、家族全体でどのくらいお得になるのかをよく吟味して、自身に最適なセット割を探してみてはいかがだろうか。

(Nakano Yayoi)

 

近頃検索の回数がのびてるドコモ光のニュースやツイートはみていますか。

話題があるドコモ光ということで注目しているという方もきっと多いのではと考えます。

現時点で把握ができていない人も多いと思いますので、話題になっていた情報をピックアップしてみます。