4Kテレビという言葉をメディアなどからよく聞く様になりました。しかし、多くの家庭では地上波がアナログからデジタルに変わる際に液晶テレビに買いかえていることもあり、多くの人がしばらくは買い替えを考えていないという状況でしょう。しかし、4Kテレビの性能を知れば、買い替えを考える人もいるかもしれません。



まずは4Kテレビの特徴について説明します。このテレビは表示パネルの画素数が、フルハイビジョンの4倍あリます。そのため、より高画質な画像を楽しむことが出来るのです。現在の主流は横1920×縦1080で合計207万3600画素のテレビですが、4Kでは横3840×縦2160で合計829万4400画素になります。

数字で見てみると非常に大きな差であることがわかります。小さいテレビであれば現在の画素数でも十分きれいに見えますが、40インチ以上の大画面になってくると見え方は大きく変わってきます。4Kテレビでは、大画面で高画質なため、あたかもそこに実体があるかのような画像が見えます。

電気店などに行くと実際に比較することが出来るので体験してみるのもいいのではないでしょうか。少しずつですが、給料が上がってきている企業もありますし、株価も一時期と比較して大きく上がってきています。大きいテレビの買い替えを考えている人は今が買い時かもしれません。

購入する際にはインターネットなどで公開されているおすすめ人気ランキングを参考にすると売れ筋の商品や評判のいい商品を見つけることが出来ます。現在は価格も安くなってきており、40インチのものでは12万円を切る値段で購入できるものもあるので買い時です。

おすすめ人気ランキングで人気のある商品は55インチや50インチくらいのサイズのものです。4Kテレビは画質は良くてもそれを行かせるコンテンツが少ないことが問題とされていました。しかし、現在では4Kの試験放送がスタートしており、みられるコンテンツは増えてきています。実際にワールドカップの際には試合が4Kで放送されました。

現在購入できるものは東芝とパナソニック、ソニーの3社の商品です。東芝は直下型LEDバックライトを採用しており、国内最小である40V型モデルの投入を行っています。パナソニックはプラズマテレビで培った技術をいかし、質のいい商品を発売しています。ソニーはこの市場において一番の人気であり、多くのモデルを販売しています。