ハイレゾ音源とは、CD音源よりも更に高音質を保持した音源のことです。



CDに記録できる容量には制限があり、その容量に収めるため、人間の可聴領域外の音からカットされています。

また、音は綺麗な波形を描きますが、CDもハイレゾもデジタル化して音を保存するため、原音の波形を細かな直線で表現します。

CDの直線よりもハイレゾの直線は細かいため、より原音に忠実な音で聴くことができます。

このハイレゾは主にインターネット販売されており、さらにデータ販売です。iTunesでの聴き方は、まず対応したサイトで購入、そしてダウンロードする必要があります。

そして販売サイトのほとんどが、最新版の利用を推奨しています。購入前、または購入後のどちらでも可能ですが、iTunesのバージョンアップを行いましょう。

Windowsパソコン、Macでの聴き方は、まずダウンロードした楽曲のファイルを、iTunesにドラッグ&ドロップします。

その際の注意点は、ライブラリ選択が「ミュージック」になっているか確認することです。

また、多くの方がつまづくのは、ハイレゾ音源をそのまま取り込むことができないことがある点です。

ダウンロードしたファイル形式が「Appleロスレス(ALAC)」、「WAV」形式の場合はそのままドラッグ&ドロップして楽曲を聴くことができますが、FLACファイルだった場合は「Appleロスレス」等のフォーマットに変換する必要があるのです。

変換するためには専用のソフトウェアが必要です。

Windows 向けにはdBpoweramp Music Converter試用版、Mac向けにはAudioGate、FLAC2iTunes、XLDという無料ソフトウェアがあります。

これをダウンロードしてインストールすることで聴けるようになります。

また、MacであればApp Storeでも変換用ソフトウェアがダウンロード可能です。

無料のものと有料のものがあります。日本語対応ソフトウェアがほぼ無い状態のため、英語が苦手であれば、App Storeの利用が簡単です。

変換ソフトウェアをインストール後は、変換ソフトウェアを起動し、ダウンロードしたハイレゾ音源をソフトウェアにドラッグ&ドロップ、またはファイルを指定して登録するなどして、変換を行います。

変換されたハイレゾ音源の拡張子が変わっていることを確認して、iTunesにドラッグ&ドロップします。