本日は4Kテレビについて調べてみようと思います。

 

J:COMオンデマンド、4Kコンテンツを視聴できる商用サービス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150522-00000130-mycomj-sci

 

ジュピターテレコム(J:COM)は、同社の提供するVODサービス「J:COMオンデマンド」において、4Kコンテンツを視聴できる「4K Smart J:COM Box<録画機能付き>」(以下、4K SJB)を5月29日に提供開始する。



オンラインでの申し込み受付は5月25日から。

長期契約の場合、月額料金は1台につき1,300円(税別)。

4K SJBは、新しいセットトップボックス(STB)を用いることで、4Kコンテンツを楽しめるサービス。

サービス開始当初の提供コンテンツは、アスミック・エースが配給する映画の4K版や、ドキュメンタリー、バラエティ、紀行など。

今後、ハリウッド映画やオリジナルコンテンツの配信も検討し、順次コンテンツ数を増やしていく。

4K SJBは、J:COM TVサービス加入者を対象にオプションサービスとして提供。

2年間(集合住宅は1年間)の継続利用を前提とした長期契約の場合は月額1,300円、通常契約の場合は月額1,700円で利用できる(いずれも税別)。

申し込み受付は5月22日から。

ただし、オンラインでは5月25日から、旧JCNエリアは6月中旬以降に受付を開始する。

サービスの提供開始は5月29日だが、旧JCNエリアは7月1日からの予定だ。

専用STB「HUMAX UHD-2500」は、2TBのHDDを内蔵。

3基のチューナーを搭載し、1番組を視聴しながら、同時に他の2番組を録画できる。

地上/BSデジタルとケーブルデジタル(CS)放送を視聴可能だ。

サイズはW370×D250×H55mm、重量は2.6kg。

4Kコンテンツの視聴には専用STBのほかに、HDMI 2.0とHDCP 2.2に対応した4Kテレビが必要となる。

 

検索回数がのびている4Kテレビの情報はみていますか。

かなり話題性が高い4Kテレビだけあって、注目している人もいるのではないかと感じてます。

いま記事を見ている中で把握ができていないという方も多いと思いますから個人的に参考になった参考情報をピックアップしますね。