Win10は8.1の基本UIとスタートメニューの搭載など、従来のOSにおいて便利とされてきた機能を融合した新しいシステムであり、パソコンだけでなくタブレット端末や各種モバイル機器にも広く対応します。


これはWindowsシリーズの最終バージョンともいわれているほか、サポート期間が限られていた今までのシステムとは大きく異なり、インストールしたデバイスが壊れるまで無料アップデートを受けられる仕組みが特徴的です。
Win10は公開から1年間に限り、Windows7及び8.1からの無償アップデートが可能となりますが、早期にインストールを済ませてしまう場合はある程度のリスクを考慮しなければならないでしょう。
その中でもまずは互換性の問題が最も重要であり、システム上で動作するドライバやソフトウェアはそれぞれの開発側がWin10へ対応させない限り、正常に動作する保証がない点に注意が必要といえます。
Windowsの最終バージョンと呼ばれるものである分、公開の段階でかなり多くのソフトウェアやドライバに対応すると予測はされていますが、どのようなトラブルが起こるかは個人の環境も影響するので、1年間の無料期間を考慮した運用が望ましいです。
ソフトウェア開発では基本的に新しいOSが提供されてから互換性の保たれたバージョンのプログラムを順次開発・公開する形となるため、数ヶ月間は7もしくは8.1の状態で使い続けた方がトラブルを起こす可能性を低く抑えられます。
各種ブラウザやオフィス・編集ソフトなどは比較的互換性が高めの設計である理由から、すぐにインストールを済ませても高確率で安定した動作を見込めますが、特に一部のセキュリティソフトとゲームソフトは動作に支障をきたす恐れが考えられます。
古いゲームソフトの中には開発・更新が終了しているタイトルも多数存在することから、不具合が生じる場合には導入を諦めるか互換モードなどを用いて動作させる必要性が生じてきます。
また、Win10自体の不具合とセキュリティ問題に関しても公開後に見つかる状況は十分想定されるので、少しの期間様子を見つつ、アップデートのタイミングを考えるのが賢い選択といえるでしょう。
一方で無償アップデートに定められる1年間を経過した場合、従来と同じく追加の料金が掛かる結果となるので、Win10の導入に当たって互換性に関する情報収集は重要な要素となってきます。