皆さんは、パソコンのOS(オペレーションシステム)は、何を使われていますか?

まず、OSを大きく分類するとWindowsとMac OSの2種類に分類されると思います。

その中でも、Windowsは、バージョンがいくつもあり、現行の(マイクロソフト公式サポート継続中の)Windowsには、Windows XP、Windows VISTA、Windows 7、Windows8などの多くのバージョン(サーバーワークステーション用を除く、個人PC用のWindowsのみ)があります。



どのバージョンも賛否両論あって、どのバージョンが一番いいということは言えませんが、少なからずいえることは、発売時期の古いバージョンからマイクロソフトの公式サポート期間が切れていくということです。最近、社会問題化されているのは、一番普及し、使用しているユーザー数が多いとされているWindows XPの公式延長サポート期間が終了を迎えることです。サポート期間が終了するということは、ウイルスなどのセキュリティ面でのリスクが格段に上がることを意味しますので、個人のパソコンもそうですが、企業のパソコンなどは、OSのバージョンアップを余儀なくされます。

そこで、Windowsのどのバージョンが一番いいのかという話によくなりますが、インターネットでの意識調査などを見ているとWindows 7にバージョンアップすることを検討している企業が割合的に多いようです。確かに、Windows 7は、非常に完成度の高いバージョンのOSだと言えますが、ひとつリスクを挙げるとすれば、やはり発売時期が一つ古いバージョンのOSであるため、最新のWindows8よりも早い時期にマイクロソフトの公式サポートが切れる時期を迎えることです。Windows 8は、本当にバージョンアップすべきでないのでしょうか?

そこで今回は、最近アップデートされたWindows8(Windows8.1)について検証したいと思います。

①スタートメニューの復活

今までのWindows 8では、過去のバージョンではおなじみだったスタートボタンがありませんでした。ウインドウズの再起動、ログオフ、シャットダウンなど画面の隅にポインターを動かして、設定というわかりにくいアイコンをクリックすると初めて再起動、ログオフ、シャットダウンなどの操作をすることが出来ました。

Windows 8.1にアップデートされてからは、過去のバージョンと同じようにスタートボタンが復活し、右クリックでウインドウズのログオフ、再起動、シャットダウンの操作が出来るようになりました。

②ウインドウズ起動後すぐにデスクトップ画面を表示することが可能に!

今までのWindows 8では、過去のバージョンのようにウインドウズ起動後すぐにデスクトップ画面を表示し、すぐに作業を開始することが出来ませんでした。アプリケーションの表示されたタイルの並んでいるスタート画面が表示され、デスクトップのタイルをクリックするという1段階踏むことで初めてデスクトップに画面を切り替えることが可能になっていました。

Windows 8.1にアップデートされてからは、過去のバージョンと同じようにウインドウズを起動するのと同時にデスクトップ画面が表示させることができるようになり、ストレスなく作業が始められるようになりました。

③インタネットエクスプローラー(IE)バージョン11の装備

これは、言うまでもないと思います。インターネット検索などをするインターネットエクスプローラーが新しいバージョンになりました。当然インターネットに関する最新の技術に対応しています。

 

そもそもWindows8自体が、タブレットやスマートフォンやタッチパネル式のパソコンなどを強く意識したため、当初Windows8の仕様になったのでしょうが、今回のアップデートでデスクトップパソコンや今までの非タッチ式のノートパソコンに対しても汎用のOSになったということで、かなり実用的なOSに生まれ変わったことはまちがいありません。当然、ハード(機器)やソフト(アプリ)が対応していないなどのリスクは付きまといますが、今回のアップデートで公式サポート期間の長いWindows 8.1もOSバージョンアップの有力候補となったのではないでしょうか?また、Windows 8.1のパッケージ発売と同時にWindows7のパッケージ販売も終了ということですので、今後、マイクロソフトは、Windows8.xへのOSバージョンアップを促進する施策を打ち出してくると思われます。後は、ユーザーがどう判断するのかということに最終的にはなってきますね。


今回は、Windows 8.1についての記事でした。