外食店で外食を食べたり、スーパーやコンビニで弁当を買って食事を済ませたりなど、基本的に現代の食生活では、野菜不足になりがちなのは、避けられないものですが、皆さんは、野菜不足をどう解消されていますか?

スーパーやコンビニで弁当を買う際、健康に気を付けている方は、一緒にカット野菜を購入している方も多いのではないかと思います。



コンビニのカット野菜などを見ていると一日分の野菜が取れますなどのキャッチコピーが大きく載っているものを多々見かけます。

消費者心理としては、そういうものを食べておけば、一日分の野菜が摂取できるから、大丈夫だと思ってしまう人も少なくないのではないでしょうか?

ところが、このスーパーやコンビニで売られているカット野菜には、大きな落とし穴があります。

実際のところ、スーパーやコンビニに置いてあるカット野菜は、野菜を切った後、次亜塩素酸ナトリウムという消毒液やプールの消毒液に使う塩素水に何度も繰り返し漬けて殺菌しているそうです。

そんな溶液につけて殺菌しているなら、本来、においを嗅いだだけで、この野菜は、食べたら危ないとわかるはずですが、そのにおいを消すために、何度も水で洗浄しています。

野菜に含まれている栄養素は水溶性のものが多いですから、殺菌剤液に浸けたり洗浄したりする間に水に流れ出てしまい、ほとんど栄養素は、何も残っていません。あえて言えば食物繊維くらいだと思われます。

つまり、スーパーやコンビニのカット野菜には、ほとんど栄養素が残っていないということです。


よって、スーパーやコンビニのカット野菜を食べたからと言って安心していたのでは、本来取らなければならない栄養素が取れていなくて、いつかそのうち健康を害してしまうかもしれません。

確かに、コンビニやスーパーに陳列されてあるカット野菜は、冷蔵保存されているとはいえ陳列されてから何時間も経っても、野菜の色や状態が変わりませんよね?

あれは、新鮮な野菜なんだととらえるのではなくて、新鮮に見えるように人間の手が加えられているという逆説的な証明なんだってとらえた方が、正しい感覚なんだって思えました。

それに比べ、スーパーなどに陳列されているカットされていない野菜を自分でカットした方が、スーパーやコンビニのカット野菜と同じ金額でより多くの量の野菜、かつ同時により栄養素の多い野菜が食べれるんだと思いました。

同じ金額を支払って食べる健康を維持するための野菜。

栄養素が多く体に安全な野菜 それとも 栄養素が少なく体に危険かもしれない野菜

皆さんはどちらを選択購入し、口にしますか?




今回は、カット野菜は、やめた方がいい?!~健康を維持するための食生活について~でした。