近頃巷をにぎわせている吉野家についてご紹介させていただきます。

 

吉野家も大幅値上げ 輸入牛高騰で牛丼が“高値の花”になる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000017-nkgendai-life

ラーメンに続き、牛丼まで“高値”の花となるのか。



今月17日から25商品の値上げを発表した「吉野家」。

定番の牛丼・並盛は300円から380円へ3割弱もアップ。

理由は、材料の米国産牛肉が出荷量減少などで価格高騰。

加えて急激な円安による輸入価格上昇が追い打ちとなった。

牛丼に使う米国産ばら肉の国内卸売価格は、10月に1キロ当たり1080円。

前年同月(555円)の約2倍に跳ね上がっている。

吉野家の決断はライバル店にも影響を与えそうだ。

すでに「松屋」は7月から首都圏を中心に牛丼・並盛を290円から380円に値上げ。

「顧客ニーズに合わせ牛肉の質を上げたため。

今後は未定で、なんとも言えません」(広報担当者)「すき家」も8月に牛肉の仕入れ価格上昇を理由に、牛丼・並盛を250円から270円にアップ。

「なか卯」は4月の増税前に牛丼を打ち切り、牛すき丼(並・350円)に切り替えた。

両チェーンを運営するゼンショーは、「現時点で、どちらも値上げの予定はありません。

確かに、仕入れ価格は上昇していますが、牛肉を使わないメニューのラインアップが幅広いので調整している」(広報担当者)という。

■豚、鶏もダメージ 1ドル=120円を超える円安だ。

ここまで急激だと、牛肉にかかわらず輸入食材に頼る外食チェーンはどこもテンヤワンヤ。

外食ジャーナリストの中村芳平氏は言う。

「大手が値上げしている以上、間違いなく、牛肉を扱う中小牛丼店、レストラン、居酒屋などは追随せざるを得ないでしょう。

豚肉だってカナダや米国が輸入先。

かつ丼の『かつや』は1日1トン輸入している計算です。

焼き鳥屋の多くも、ブラジル産を安く使用している。

いずれも輸入頼みで円安は大打撃。

値上げしなければ厳しい」 アべノミクスはサラリーマンから安い昼メシまで奪おうとしている。

この近日検索が伸びている吉野家のニュースなどは確認してますか。

これ迄全くと言っていい程この吉野家っていうのは気にした事もない話題でしたが驚く程に目についたので気になって分かる範囲で調べてみました。

吉野家をキーボードを叩いてみて驚きましたがSNSでもニュースになっているんだと思いました。

絶好の機会参考情報を多少ピックアップしてみます。