皆さん、夏休みと言えば、何を思い浮かべますか?

当然、気温が暑いですので、涼しくなることですよね?

例を挙げれば、肝試し、スイカ、かき氷、アイスなどなど、たくさん思いつくのではないでしょうか?

その中でも、究極の暑さ対策は、ズバリ水を浴びることですね。

と言うことで、今回は、九州(福岡県)で夏休みに行きたいおすすめプール・海水浴情報をご紹介したいと思います。



まず、プールをご紹介したいと思います。

 

おすすめプール①

海の中道海浜公園 サンシャインプール(福岡県福岡市東区)

 

大迫力!3種類のドラゴンスライダーに注目!!

「海の中海浜公園」内に夏季限定で開放されるプール施設です。定番の流水プールをはじめ、恐竜の足元から水が噴射される「恐竜プール」やボール遊びができる「森の湖プール」など多彩なプールが揃っています。中でも、全長100mのファイヤードラゴン、全長92mのドラゴン、全長34mのリトルドラゴンと3種類ある「ドラゴンスライダー」は、最大の人気を誇る目玉施設です。

福岡市最大級のプールと言うことで、老若男女問わず、本当にたくさんの人でごった返します。いろんな人がいますので、人間ウォッチングだけでも、充分楽しめます。本格的なスライダーなど多彩な施設がありますので、水でびしょびしょになりたい人もかなり楽しめます。子ども連れや大人だけのカップルでも非常に楽しめるプールの一つです。

 

おすすめプール②

スペースワールド ウォーターパーク ミューナ(福岡県北九州市八幡東区)

 

目玉は5人が一度に滑り降りるスライダー

水に関する様々なアトラクションが目白押しのレジャー施設です。浮き輪を使ってノンビリ海水浴を楽しむ「ぐるぐるリバー」、高さ6mの場所からドラゴンの舌を滑走する「ドラゴンプール」、大きなバケツや鉄砲からあふれる水と遊ぶ「アクアジム」。そして、5人が高さ12mの場所か一度に滑り降りる「GO!GO!スライダー」が最大の目玉です。4人乗りのUFO型ボートで滑り降りる「UFOラフティング」も登場しました!!

福岡県最大のテーマパークに隣接するこのミューナは、福岡県北部の人たちの遊び場です。このミューナの特徴は、テーマパークに隣接することもあり、大迫力のアトラクションが満載なことです。水の冷たさを肌で感じてみてください。

 

次に海水浴場をご紹介したいと思います。

 

おすすめ海水浴場①

志賀島海水浴場(福岡県福岡市東区)

 

水平線の向こうに福岡ドームやタワーを一望

志賀島橋の麓に位置しており、水平線の向こうには福岡ドームや福岡タワーを見渡すことができます。海水は透明度が高く青く澄んでいて、波も高くありません。シーズンになると家族連れでの水遊びやサーフィンを楽しむ人たちで賑わいます。海の家が数軒並び、簡易トイレが3か所、共同トイレが1か所と、周辺環境も充実しています。

この近くで露店が出ている金印ドック(アメリカンドック)が有名です。また、近くには、小さな漁港があり、玄界灘の新鮮な海の幸が惜しげもなく食べられます。海水浴だけでなく、そちらも楽しみの一つです。また、マリーンスポーツ(ジェットスキー・サーフィン)などをしている人もたくさんおり、夏の海に来たなと思わせるおすすめの海水浴場の一つです。

 

おすすめ海水浴場②

津屋崎海水浴場(福岡県福津市)

 

遠浅で波が穏やかなので子どもづれも安心

広大な砂浜と遠浅の安静な波、透明度の高い水質の良さが特徴のビーチです。砂浜には海の家も5軒と充実している。また、近くに市の施設「潮湯の里夕陽館」があり、200円というリーズナブルな料金で、地下海洋水を沸かした潮湯風呂に入ることができます。海水浴を楽しんだあとは海のミネラルが豊富なお風呂でリフレッシュしましょう。

この津屋崎海水浴場は、遠浅で波も穏やかで子ども連れでも安心して遊べます。また、志賀島海水浴場と比べると、人もまばらで、海岸もとても広いため、思いっきり、走り回ったり出来るのもこの海水浴場の特徴です。遊泳禁止のラインの前にテトラポットが積んであり、そこを目的として泳ぐのも楽しいかもしれません。テトラポットまで行くには、少し泳ぎの自身があるか、浮き輪などの補助具がないと足が届かない事態になりますので、少しご注意をお願いします。何かし、テトラポットに上った時は、少し達成感があります。ぜひ子ども連れでいきたい海水浴場の一つです。

 

とまあ、おすすめのプール&海水浴場をご紹介させていただきましたが、やはり、暑い夏には、水(海水)を浴びるのが一番ですので、ぜひ夏休みの入水計画の参考にしていただきたいと思います。