最近、暑い日が続きますが、暑さ対策は、大丈夫でしょうか?

小学校・中学校・地域など運動会シーズンであるため、毎日炎天下で練習や準備などでバテバテになっている方も多いのではないでしょうか?

日本各地で、30℃を超える真夏日が早くも多く観測される中で、熱中症で病院に運ばれる方も続々とおられるようで、油断しては、おれません。外仕事の方など、いつ自分が運ばれるかわからない状況であります。

というわけで、熱中症について書かせていただきたいと思います。



熱中症の症状について

 

①熱失神・熱けいれん=軽度の場合(現場で応急処置の出来る程度)

めまい、失神、筋肉痛、こむら返り、大量の発汗

 

②熱疲労=中等度(病院への搬送が必要な程度)

頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

 

③熱射病=重度(入院して集中治療が必要な程度)

意識障害、けいれん、手足の運動障害、身体に触ると熱いぐらいの高体温

 

実に恐ろしい症状が起こるんですね。ただ暑いだけといって侮ってはおれません。

では熱中症にならないようにするにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

熱中症の予防法

 

①水分補給

非常に基本的な事ですが、一番大事な事です。水分補給は、のどが渇いてからすればいいと思っている方も多いとは、思いますが、特に暑い季節は、水分をこまめに補給することを心掛けていて丁度いいくらいです。

特に、経口補水液 は、スポーツドリンクと比べ、糖分が少なく、塩分が多いため、暑い時期に汗と一緒に流れ出る糖分や塩分などのミネラル成分を効率よく補給するために最適と言われていますので、熱中症対策グッズとしては最適な飲料かもしれません。

 



 

工事現場などの外仕事の人は、正味の話、塩をそのまま舐めるということを聞いたことがあるぐらいですので、真夏などの熱い季節は、塩分の多めの飲み物が必要ということでしょう。暑さには、水分と塩分非常に大切です

 

②エアコン(目安は、28℃以上もしくは湿度70%以上)

エアコンは、つけないことが、望ましいと言う風潮がどこかしらにありましたが、こと熱中症の予防と言うことを考えたときには、あんまり我慢ばかりをし過ぎてもいけないようです。症状が重症化しないうちにクーラーを利用しましょう。

 

熱中症になった時の応急処置・手当

 

①木陰などの涼しい場所に移動し、衣服を緩めてリラックスさせる

②首筋・脇の下・足の付け根を冷たいタオルなどで冷やす

③顔が赤いときは、頭を高く、青ければ頭を低く寝かせる。

④意識があり、嘔吐がなければ、水分を補給させる。

⑤皮膚が熱ければ、扇風機などで風を送ったり、ぬれタオルで皮膚を冷やす。

⑥皮膚が冷たければ、ぬれタオルを絞り、マッサージをする。

⑦意識がなかったり、急に体温が上がったら、救急車を呼ぶ。

 

熱中症とは、身体の中に熱がたまって抜け出せない状態になっていますので、重症化することを防ぎ、すでに重症化しているときは、救急車で病院などに行き、医療処置を受けることをおすすめするくらい非常に危険な病気です。

気温が暑いことで起こりますので、誰しもがそのリスクと向かい合わせの病気です。

病気への知識を蓄えておくと、いざという時、手当が出来るかもしれませんね。