現在、私が持っているスマートフォンは、

①キャリア(携帯電話会社) NTT DoCoMo

②メーカー 富士通

③ブランド ARROWS X LTE F-05D

④カラー マゼンダ

⑤OS Android

です。

2012年1月位に購入したのですが、その当時、Xiの端末で日本仕様の機能をほぼ盛り込んだ端末として、市場をとても沸かせた端末です。




1年6か月くらい使ってみた感想は、やはり日本仕様の機能をほぼ盛り込んだ端末ということで、海外製のグローバルモデルとは違い、非常に日本人には、使いやすい端末だと思います。グローバルモデルでは、正直細かいところまで、日本仕様に合わせて設計されていない部分があるように思います。

また、OS Android のバージョンアップも購入した当初からオフィシャルに発表があっていて、実際に私は、Android のバージョンアップを行いましたが、購入当初とは、また違った操作感も体験でき、1台で2度おいしいような味わいのある端末だと思いました。

カメラの画素もその購入当時は抜きに出て高く1310万画素で、下手すれば、メインのデジカメよりもスマートフォンの方がきれいに撮影できるくらいの高性能なものでした。

とまあ、今でもかなり満足度の高い端末と言えますが、しいてこの端末が不得手であるなと思うところをあげるとすれば、2つあります。

①電池の持ちがあまりよくないことです。

フル充電にしても、少し使っただけで、1日電池を持たせることが非常に難しいです。ちょうど、電池の容量が増えて、容量が明記される前の端末であるため、電池の容量は、少なめであると思います。

②動作が少しだけ鈍いことです。

CPUの速度なども関係するとは思いますが、画面を横にスライドするときなど少しだけタイムラグがあるように思えます。

特にこの端末の二つある不得手な部分の中の

①電池の持ちがあまり良くないこと

は、どこのメーカーのどの端末でも言えることではあると思いますが、かなり改善の必要があるように思えます。

先日、テレビCMでそれこそ最新のARROWSの宣伝を見ました。

それは、電池の持ちを2日間くらいにするというものでした。

そもそも、富士通の端末は、ガラパゴス携帯時代から好きでしたので、電気の持ちをクリアしてくれる端末が発売されるのであれば、本当に興味津々ですし、その端末に期待大です。

さて、次に端末を機種変更するときには、どんな端末が出ているのだろうか?

と思うと、今から、胸がドキドキワクワクしてとても楽しみでなりません。