皆さん、ゴールデンウィークの予定は、お決まりでしょうか?

社会人などなかなかない堂々と休める長期休暇の一つがゴールデンウィーク(GW)ですよね?!

ゴールデンウィークに自宅でゆっくりまったりと言うのも悪くはないですが、この長期休暇を利用してどこかに行ってみようと思ってある方のために、九州・福岡のおすすめイベント情報とお出かけスポット情報をご紹介させてください。

おすすめイベント情報(九州・福岡)

①福岡市民の祭り「博多どんたく港まつり」(福岡市)

博多どんたく 素材

福岡に初夏の訪れを告げる伝統の祭り

福岡市内で行われる日本を代表する祭りのひとつ。5月2日の前夜祭から5月4日まで市内各所で様々な祝いの行事が繰り広げられる。市内約30ヶ所の演舞台でどんたく隊が演技を披露し、「どんたく広場」と称した通りでは思い思いの衣装に身を包んだ老若男女のどんたく隊がシャモジを叩いて練り歩く。きらびやかに飾られた花自動車もみどころ。

地元の人はもちろんのこと、他県の人も知っている人は、知っている博多の一大イベントです。この博多どんたく(パレード)には、数日間で数百万人もの人が、博多(福岡市)の街に集まってきます。その中でも、博多の街の中を踊りながら行進をするどんたくパレードが名物で、老若男女の華やかな衣装に身を包んだ姿で街の中を行進する姿は、この祭りの盛大さを感じれるものです。福岡観光も兼ねてGWに博多どんたくに来てみるのは、いかがでしょうか?ブラジルにサンバパレードがありますが、その日本(博多)版とイメージするとわかりやすいかもしれません。

参考サイト

http://www.walkerplus.com/event/ar1040e66934/

②沖端水天宮祭(柳川市)

柳川 川下り 素材

水難事故から子供を守る願いを込めて

沖端水天宮横のお堀に舟舞台が浮かべられ、囃子や芝居が奉納される「沖端水天宮祭」。舟舞台は、川舟六隻をつなぎ合わせて、その上に前半を舞台、後半を楽屋にみすで仕切って舟舞台を組み、三神丸と名付けた大きな船に仕立てられる。舟舞台で囃子を奉納するが、楽器は三味線、笛、締太鼓、つり太鼓を使用し演奏。お堀沿いには露店が並び、夕方からはお囃子やお芝居が行われ、毎年多くの人たちで賑わいを見せる。

何と言っても柳川の街並みは、昔ながらの情緒風情が残されており、その伝統漂う街の中を流れる川の中を船で下れるというのが、とても趣深いですね。県外からでも一度は、来てみる甲斐があると思います。伝統の街「柳川」をどうぞご堪能あれ!!

参考サイト

http://www.walkerplus.com/event/ar1040e67026/

③GW夜の水族館(福岡市水族館マリンワールド)

マリンワールド イルカショー 素材

昼間とは違う夜の生き物たちの姿を観察しよう!

期間中は開園時間が21:30まで延長され、生き物たちの昼間とは違った行動が観察できる。ナイト照明となった館内のパノラマ大水槽前では、音と光のイワシショーが行われ、イワシの大群の優雅な動きと音楽の生演奏による見応え十分なコラボが楽しめる。ショープールでは、博多湾の夜景をバックに、昼間とは違った雰囲気でイルカショーが繰り広げられる。また、暗闇で光る水中の発光生物、ウミホタルの発光実験など、夜の水族館限定企画も登場する。

GWの長期休暇で夜更かしをしてもオッケーな時に夜の水族館見学はいかがですか?昼に来たことがあっても、また夜は違った顔を海の生物は、見せてくれます。一味違った水族館観察をぜひ!!

参考サイト

http://www.walkerplus.com/event/ar1040e65594/

おすすめお出かけスポット情報(九州・福岡)

①福岡アンパンマンこどもミュージアム in モール(福岡市)

アンパンマン 素材



九州初、アンパンマンがテーマの参加型レジャー施設

アニメでおなじみ「アンパンマン」の世界を体験できる、九州初の参加型ミュージアム兼ショッピングモール。天窓のある開放的な広間が特徴の完全屋内型施設だ。ミュージアムエリアとモールエリアが一体化しており、遊びの合間にショッピングや食事がすぐ楽しめる。施設内にはアンパンマンごうやジャムおじさんのパン工場などのジオラマ、「虹のすべりだい」といった遊具のほか、アンパンマンショーが行われるステージなどがある。モールにはアクセサリーショップ「ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ」、ベーカリーショップ「ジャムおじさんのパン工場」、風船を販売する「ふうせんかばさんのふうせん屋」などバラエティに富んだ計17店舗が出店している。

「アンパンマンの世界へようこそ!」・・・完全天候型のミュージアム in モールで、雨の日も風の日も「げんき100ばい!」いっぱい遊んで、いっぱい食べて、いっぱい笑ってください。

上記は、アンパンマンから全世界の子どもたちに贈られたあいさつです。

全国でも何か所しかないアンパンマンミュージアムがついに福岡にやってきました。

いやー福岡の全国的な認知度もかなりたかいんだなあとつくづく思いました。

子どもたちから絶大な人気のあるアンパンマンに会うために、福岡だけでなく、九州や山口などからも子どもたちがやってくると思います。きっと、福岡(博多)の街は、子どもたちで溢れかえることでしょう!!大人である私もアンパンマンファミリーに会いたいなと思います。アンパンマンのアンパンを分けてもらいにいき、元気100倍になりにいきます(笑)。

参考サイト

http://fukuoka-anpanman.jp/index.html (公式サイト)

http://sp.walkerplus.com/gw/detail/ar1040s80336/

②スペースワールド(北九州市)

スペースワールド 素材

宇宙をテーマにした壮大な世界を楽しもう

実物大のスペースシャトルがシンボルのテーマパーク。漆黒の宇宙空間を疾走するジェットコースターのブラックホールスクランブルや、最大5.2Gの荷重がかかるヴィーナスGPなどの絶叫系ライドはもちろん、3Dで楽しむ新感覚3Dプラネタリウムや宇宙開発の展示物が充実した宇宙博物館など、アトラクションは老若男女幅広い層が楽しめる。また、シーズンごとに開催されるエンターテインメントも必見!

関東・関西圏に比べたら、九州には本格的なテーマパークは、少ないですが、福岡県で一番本格的なテーマパークの一つではないでしょうか?福岡県民なら少し、遠出してデートなど、このスペースワールドは、定番中の定番です。JRの駅を降りて歩いてすぐなのもあり、交通のアクセスは、抜群ですよ。あと、絶叫マシンの一度出発したら、到着するまで戻ることができない感覚を味わうならスペースワールドにある絶叫マシーンは、うってつけではないでしょうか?GWは、込み合うことが予想されますが、せっかくの長期休みなので、この際気合で行ってしまうのもありかもしれません。

参考サイト

http://sp.walkerplus.com/gw/detail/ar1040s03545/

③だざいふ遊園地(太宰府市)


だざいふ遊園地 素材

3歳から楽しめる遊具施設が充実

太宰府天満宮と九州国立博物館に隣接する遊園地。ちいさな子供も保護者の付き添いがあれば、ほとんどの乗り物に乗ることができる。てんとうむし、メリーゴーランドは3歳から1人で乗れる。家族で空中散歩を楽しめるスカイシップが一番人気。また、雨の日は屋内イベント館内の無料おもちゃコーナーでゆっくり遊べる。

太宰府天満宮や九州国立博物館への来たついでにふらっと寄れる手軽さで、本当に隣接しているというのがふさわしい近距離に配置しています。また、小さな子ども向けの遊具が充実しているため、3歳程度のお子さんなら楽しめる遊園地だと思います。中学生や高校生には、遊具自体は少し物足りないかもしれませんが、違う意味で楽しめるかもしれませんね。最近、リニュアルオープンをしたばかりのだざいふ遊園地の内容は、百聞は一見にしかず。一度は、行ってみたい遊園地の一つです。

参考サイト

http://sp.walkerplus.com/gw/detail/ar1040s03748/

おすすめイベント・スポットは、まだまだたくさんあり、ほんの一部しかご紹介できていませんが、その中でも特にGW(ゴールデンウィーク)に行きたいおすすめイベント・スポット情報でした。

今回、参考にさせて頂いたサイトは、Walker Plus 2014 GW特集 です。

イベント・お出かけスポット情報など参考にしていただきたいと思います。