今日は、10月10日です。普段は、秋晴れが多い時期ですが、福岡は、あいにくの雨模様です。

10月10日と言えば、西暦1999年(平成11年)までは、週の中日でも10月10日が体育の日で祝日でした。

それが、西暦2000年(平成12年)からは「ハッピーマンデー制度」の適用により、祝日・休日が月曜日に変更され、10月10日から日にちがずれて10月の第2月曜日となり、現在に至っています。



そもそも、なんで10月10日が国民の祝日になったかと言えば、西暦1964年(昭和39年)に東京オリンピックの開会式が行われたためです。それから、その2年後の西暦1966年(昭和41年)から国民の祝日となりました。


 

もう一つ理由は、日本列島の10月の気候と言えば、秋晴れな日が多く、本当にスポーツ日和だったからだそうです。

しかし、前回の東京オリンピックは、夏季オリンピックなのに10月10日から開始だったことからすると、本当は、夏季オリンピックではなく、ほぼ秋季オリンピックだったんですね?!

次期、東京オリンピックは、前回のオリンピックと同時期かどうかはわかりませんが、恐らく、夏季オリンピックなので、もっと早い時期にあるのではないかと思います。

前回の東京オリンピックと違う日程で行うということは、開会式も別の日程ですよね?!

そこで、ひとつ希望的観測があります。

ぜひ、次期オリンピックの開会式の日もそれ以降祝日か休日にして欲しいです!!

日本人は、ただでさえ先進諸外国と比較しても働きすぎ(休日が少ない)なわけですので、この機会に国会議員の方(特に内閣総理大臣)に次期オリンピックの開会式の日を祝日・休日にするところまで、国民にプレゼンテーションしていただきたいと思います。

また、オリンピックは、スポーツ選手の晴れの舞台出来るだけ多くの金・銀・銅メダルを日本に残していただけるように、日本人スポーツ選手にも期待していますし、応援しています。

「あらゆる意味で、次期 東京オリンピックで 日本に、日本人に夢と希望と感動を与えてくれることを切に願っています。」

今回は、体育の日についての記事でした。