近年、地球温暖化が叫ばれています。

実際に自分たちが住んでいるところも、自分たちが子どもの頃よりも本当に熱くなっていると思います。

地球温暖化の原因は、温室効果ガス(二酸化炭素など)が大気中にたくさん放出され、地球を取り囲んでいる空気の層の中に温室効果ガスを多く含むことで、読んで字のごとく温室のような効果が地球上に起こることです。

地球温暖化とは、一言で言うと「地球の大気が熱しやすく、冷めにくい状態のことですね。」

日本は、二酸化炭素(CO2)の大気への放出が温室効果の原因だとして、日本が率先して二酸化炭素の大気への放出を削減することを実行したうえで、諸外国に二酸化炭素の放出量を削減することを提唱しています。



諸外国特に先進国のうちのどこかで、二酸化炭素(CO2)が温室効果ガスであることに根拠が少ないということで、日本が諸外国へと打ち出した議定書に調印しなかった国もあるようです。

やはり、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすことが、製造業などの企業に対し、かなりのコストを負担させることなどが、議定書に調印しなかった国があったことの理由の一つのようです。

といっても、現実的に、年々、全国各地で最高気温を更新していっているようで、自分自身の体感温度も年々上昇しているように思えます。

私の中学校や高校で学習した社会という教科では、日本は、温帯という気候帯に属していましたが、近年、日本は、温帯という気候帯から、亜熱帯という一つ高温の気候帯になったという話もテレビなどでちらほら聞かれます。

熱中症により、病院に搬送される方が、急増していますね。

そういうところから見ても、日本全体いや世界全体が熱くなっているということなんだと思います。

日本が、温暖化するということは、地球全体が、温暖化するということだと思うので、日本だけが温室効果ガスを削減する目標を立てて、温室効果ガスの削減を実行しても、もともとの地球温暖化の定義である「大気中に温室効果ガスが放出することにより温室効果が起こっている」という仮説に立てば、世界の他の国がバンバン温室効果の原因となるガスを放出し続けたら、意味がないと思う。

世界全体が、スクラムを組んで温室効果ガスの削減に取り組まないと地球温暖化は、止めることが出来ないと思います。


このままだと、地球がどんどん住みにくい惑星になって行きますが、皆さんは、そうなっても大丈夫ですか?