恐らく一家に1台くらいは所有されていると思われる自動車ですが、皆さんは、どんなタイプの自動車に乗っておられますか?

どんなタイプと言っても、セダンとか、ワンボックスとか、コンパクトカーとか軽自動車という意味ではありません。

ここで言う、どんなタイプか?というのは、原動力に関してのタイプです。

具体的に言うとディーゼル車、ガソリン車、ハイブリット車、プラグインハイブリット車、電気自動車などです。

大半の方が、ディーゼル車、ガソリン車、ハイブリット車に乗ってあるのでは、ないかと思います。



 

ここで、それぞれの原動力のタイプごとに少し説明したいと思います。

ディーゼル車とは、燃料にガソリンよりも単価の少し安価な軽油(ディーゼル)を利用した車です。

ガソリン車とは、もっとも一般的な車で燃料にガソリン(レギュラー・ハイオク)を利用した車です。

ハイブリット車とは、動力にガソリン(レギュラー・ハイオク)と充電バッテリーを併用で、走る車です。代表的な車種名にプリウス・アクア(トヨタ自動車)やインサイト・フィット(本田自動車)などがあります。最近、本当に車の台数も増えてきました。

プラグインハイブリット車とは、ハイブリット車の特徴であるガソリンと充電バッテリーを併用して走行するだけでなく、充電バッテリーを家庭用コンセントなどで充電して走るというものです。代表的な車種名にプリウスPHV(トヨタ自動車)などがあります。

電気自動車とは、充電バッテリーを家庭用コンセントなどで充電して、電気だけで走る車です。代表的な車種名にリーフ(日産自動車)があります。

 

それぞれ特徴がありますが、それぞれ一長一短があります。

 

ディーゼル車とガソリン車は、車両価格は割と安価ですが、燃費があまり良くないことと、二酸化炭素などの温室効果ガスを大量に大気中に放出します。

ハイブリットは、ガソリンと充電バッテリーを併用で走るため、燃費性能は格段にいいですが、燃費性能を上げようとすると、車のボディのラインも重要となってくるため、室内が割と狭い傾向があるように思えます。

プラグインハイブリットは、家庭用コンセントでも充電できるため、燃費効率が格段に向上しますが、車体価格が非常に高いです。

電気自動車は、ガソリンを必要としないため、燃料代が、ガソリンの価格に影響を受けにくいことがありますが、充電するのに時間がかかること、充電する場所も限られていること、車両価格が高いことがあります。

そこで、そのそれぞれのデメリットを解消すべく、新しい原動力の自動車が開発されています。

それは何かと言うと、「燃料電池車」です。



燃料電池車とは、燃料に液体水素を利用します。液体水素なので、ガソリンスタンドのように水素ステーションがあれば、すぐに燃料をチャージすることが出来ます。つまり、充電のように時間を取られないです。

また、水素を燃やして走るため、排気ガスとして出てくるのは、水だけです。つまり、温室効果ガスも出ず、環境に配慮した車です。

ついに、夢のような自動車の登場が間近に迫っています。

2015年には、トヨタ自動車から燃料電池車が発売されるそうです。

発売当初は、一般的な収入の家庭では、高額すぎて入手できないでしょうが、何年か後に、一般的な収入の家庭でも買える価格まで落ち着いたとき、今までの自動車の概念が一気に変わります。



 

いつも、技術革新のスピードの速さには、本当に驚かされます。

一足も早く、我々がその恩恵を受けれることを切に願っています。

今回は、燃料電池車についての記事でした。

http://topics.jp.msn.com/economy/market/article.aspx?articleid=2173312