毎年3月3日は、ひな祭りです。

ひな人形を座敷などに飾り、女の子の健やかな成長を祈り、幸せを願う日本の伝統的な国民的行事の一つです。

ひな人形も実に優美で豪華なものから、現代風のアパート暮らしの家族でもおけるような価格もサイズもお手頃なひな人形まで様々です。

ところで、ひな祭りとは、どういう国民的行事(イベント)なんでしょうか?

なんとなくわかっているけどなんとなくわかっていないイベントですよね?



ひな祭りの起源は、平安時代に、川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になりました。

最初は、ひな人形は、家に飾るものではなく、川に流すまじないのようなものだったと知りかなり今と違うなと思いました。

その後、江戸時代に女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」とが結びつき、全国に広まり、飾られるようになりました。この遊びである「雛あそび」が節句としての「雛祭り」へと変わったのは天正年間以降のことであり、この時代から三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったと推測されています。もっとも、この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなり、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の家財のひとつに数えられるようにもなりました。その為、自然と華美になり、より贅沢なものへ流れていきました。

なるほど、これが現在のひな祭り(雛人形)のルーツなんですね。

ひな(雛)祭り(人形)を簡単に子どもに伝えるとしたら、、、。

ひな祭りにひな人形を大事に飾ることで、その家の女の子を危険や災いから守ってもらえて、健康に成長するように祈るためだよ。だから、ひな祭りにはお雛様を家に飾るの!!

って言ってあげたら子どもも分かってくれるかな?!って思います。

ところで、ひな祭りには、誰もが知っている有名な歌「うれしいひなまつり♪」がありますが、実は、あの歌の歌詞が怖いって知ってました?!

『お嫁にいらした ねえさまに よく似た官女の白い顔』

この部分の歌詞は、

作詞家サトウハチローさんが嫁ぎ先が決まった矢先に18歳で結核で亡くなった自身の姉の事を歌っているのであるそうです。
だから「白い顔」は厚化粧ではなく、結核病末期の白い顔を示しているのである。
「うれしいひなまつり」にも関わらず、
「寂しい短調なのは姉へのレクイエムとして作られたから」とも解釈されています

 

ところで、ひな祭りでよく食べる食べ物の由来・意味とはなんなのでしょうか?!

「ひなあられ」・・・ひなあられのカラフルな「白」「赤」「緑」色にも意味があります。

「白」=大地のエネルギー

「赤」=生命のエネルギー

「緑」=木々のエネルギー

ひなあられを食べれば、その3つのエネルギーを体内に取り込むことができ、災いや病気を追い払えるように願い信じられてきました。

また、緑は若草、白は残雪で、ピンクは桃の花ということで、春の訪れをあらわす縁起物の一つとされており、「雪が溶けて、草が芽生え、花が咲く」という意味も含んでいるようです。

そんな深イイ意味も込められていたとは、「ひなあられ」すごいですね。

 

「ちらし寿司」・・・・ えび(長生き)、れんこん(見通しが利く)、豆(健康でまめに働ける)などの縁起の良い具を用いるからだそうです。他にも、みつば、玉子、にんじんなど食卓に春を運んでくれるような華やかな彩りの食材が選ばれます

もう一つ、体調を崩しやすい季節の変わり目に、健康を願って、いろんな食材をバランスよく、たくさん食べるためもあるようです。

縁起担ぎと実際の効能も加味して決められていたとは、昔の人はすごいと思いました。

 

「蛤のお吸い物」・・・蛤の貝殻は貝合わせという遊びにも使われるように、一対になっている相手以外とはビッタリと合いません。
こうしたことから、一人の人と生涯連れ添うようにという願いがこめられています。

古き奥ゆかしき大和撫子(やまとなでしこ)のイメージにぴったりとは、頭が下がります。

 

とまあ、ひな祭り(ひな人形)という国民的行事は、なんとなくではわかりませんが、女の子が素敵な女性に大人の階段を登る願いがいっぱいに詰まった本当に素敵なイベントだったんですね。

日本の素晴らしい文化として未来永劫受け継がれて欲しいと強く思いました。